化粧水による美白方法|美白におすすめの成分や日焼け後の正しいスキンケア法

美白化粧水はたくさんの種類があります。

おすすめの配合成分や、

肌質別の日焼け後のスキンケア方法をご紹介♪

 

 

メラニンが生成されることを抑える効果のあるおすすめの成分

美白化粧水に配合されている成分でおすすめのものは、いくつかあります。

商品を選ぶ時には化粧水の成分表示を確認して美白成分が入っているかどうかよく見ることをおすすめします。

メラニンが生成されることを阻害する美白効果のあるおすすめの成分は次のようなものになります。

<プラセンタ>
プラセンタには、チロシナーゼという酵素の働きを弱める効果があります。

チロシナーゼとは、メラニンが作られる段階に必要な成分です。

チロシナーゼの働きを弱めることでメラニンが増えることを抑える効果があります。

<アルブチン>
アルブチンは、チロシナーゼに作用してメラニンが作られることを抑制する働きがあります。

アルブチンが肌に吸収されるとメラニンを取り除く働きのあるハイドロキノンに変わるという性質があります。

すでに作られてしまったメラニンを薄くする効果のあるおすすめの成分

美白効果のある成分には、すでに作られてしまったメラニンを薄くし、シミやそばかすを減らす効果が期待できる成分があります。

できたばかりの薄いシミなどには効果が期待できるので、このような成分が配合された美白化粧水もおすすめです。

<ハイドロキノン>
ハイドロキノンは、特に美白効果が高い成分です。

チロシナーゼの働きを弱めてメラニンが作られることを抑える予防効果に加えて、できてしまったメラニン色素を薄くする効果もあります。

できてしまったメラニン色素そのものを薄くする効果のある成分は少ないため、ハイドロキノンは美容サロンやクリニックなどでも使われており、ハイドロキノンが配合された美白化粧水もおすすめです。

<ビタミンC誘導体>
ビタミンCが美肌に効果があるということは昔から知られており、メラニン色素を薄くする効果のあるおすすめの成分でもあります。

ただ、ビタミンCは、化粧水に加えると壊れやすい性質があります。

そんなビタミンCを誘導体にして安定化させ、身体の中の酵素と反応してビタミンCとなるようにされたもので、美白効果が高くなっています。

本当におすすめの美白化粧水は成分で決まります

化粧水の中には、品名に美白を連想させるような言葉が入っていても、実は美白効果のある成分が配合されていない場合もあります。

より高い美白効果を求めるのであれば、美白効果がある成分のことを理解して、その成分がきちんと配合されているかどうかを確認することがおすすめの選び方です。

シミが増えないように予防する効果のある美白成分と、できてしまったメラニン色素を薄くする効果のある美白成分が配合されているようなものが、本当におすすめできる美白化粧水です。

そんな時には、美白効果と共に保湿効果のある化粧水を選んでみてはいかがでしょうか

数ある化粧水の中には、美白効果と保湿効果の両方を兼ね備えた化粧水もあります。

このようなタイプの美白化粧水を使えば、乾燥肌を招くことも少なくなり、肌をしっかりと保湿することができるので安心です。

美白化粧水に配合されているおすすめの保湿成分とは

美白化粧水にも保湿成分が配合されているものは多数あります。

ここでは、美白化粧水に配合されている、保湿効果のある成分をいくつか紹介していきます。

<セラミド>
角質層に存在しているセラミドは、細胞と細胞の間を埋めて結びつける働きがあります。

セラミドが十分存在する肌は細胞と細胞の間に隙間がなく、肌の水分を保つとともに外部の刺激から肌をしっかり守ることができます。

<ヒアルロン酸>
角質層の下の真皮に存在しているヒアルロン酸は、コラーゲンやエラスチンの隙間を埋める役割があります。

肌の潤いだけではなく弾力性も保つ働きがあります。

<コラーゲン>
たんぱく質の一種であるコラーゲンは、真皮のおよそ70パーセントを占めていると言われており、必要不可欠な成分です。

親水性なので肌の潤いをしっかりとキープします。

また、コラーゲンは古いものを新しいものに分解して作りかえることによって、肌の新陳代謝を促しています。

保湿成分が配合された美白化粧水の正しい使い方

せっかく美白効果や保湿効果のある化粧水を使っても、その使い方が間違っていては効果を発揮することができません。

高価な美白化粧水をほんの少し使うよりも、美白成分や保湿成分が配合された比較的手頃な価格の化粧水をたっぷり使ってこまめにケアする方が効果があるとも言われています。

美白化粧水で肌のケアをする場合、500円玉ほどの量の化粧水を手の平に取り、両手でよくなじませて肌に塗るようにします。

顔を両手の平でそっと包み込み、押し込むようにして成分を浸透させましょう。

コットンにたっぷり化粧水を含ませて優しくパッティングしてもよいでしょう。

化粧水を塗ったからといってそれでお手入れを終わりにしてしまっては、せっかく補った水分がどんどん蒸発してしまい、結局は乾燥を招いてしまいます。

化粧水をつけた後には保湿効果のある乳液やクリームを塗ってしっかりと蓋をするようにします。

自分の肌質に合った化粧水を選ぶようにしましょう

このように、美白効果がある化粧水には保湿成分が配合されたものもあります。

自分が乾燥肌だと思っている方は、このような保湿成分も配合されている美白化粧水を選ぶようにしましょう。

また、美白化粧水を使ったところ乾燥肌になってしまった場合にも、化粧水の成分をチェックし、保湿成分が配合されたものに変更してみてください。

肌がきちんと保湿されれば肌のターンオーバーが整ってきます。

乱れていた肌のターンオーバーが整えば、古くなった角質が剥がれやすくなりシミが薄くなる事も期待できます。

自分の肌質がどのようなものなのかをよく知り、肌質に合った美白化粧水を選ぶことが、美肌への第一歩です。

敏感肌の人は、使っている化粧水によって肌がピリピリしたり炎症を起こしてしまったりと、トラブルを起こしやすいものです。

もしも今使っている化粧水によって赤みやかゆみなど肌に違和感を感じた場合には、すぐにその化粧水の使用をやめ、刺激の少ないものに変えるようにしましょう。

美白効果が高そうだからと、無理をして刺激の強い化粧水を使い続けてしまうと、更に症状が悪化してしまうこともあります。

敏感肌の人が美白化粧水を選ぶ場合、まずは配合されている成分をきちんとチェックすることが必要です。

品名に『ホワイト~』『美白~』のように、美白のことを中心に謳っている製品であっても刺激が少ないとは限りません。

美白成分が配合されているかという確認と共に、肌に刺激が強い成分が配合されていないかどうかを確認するようにしましょう。

気をつけたい!敏感肌の人が避けたい化粧水の成分

美白成分が配合されている化粧水には、美白効果を高めるために肌に強い刺激がある成分を使っていることも少なくありません。

どれほど美白効果が高くても、肌に合わない強い刺激のある化粧水を使うことは、敏感肌の人にはおすすめできません。

<ハイドロキノン>
美白効果がとても高く、まるで漂白剤のようだと表現されることもあります。

それほど効果が高いということは、敏感肌の人にとってはかなり強い刺激になってしまう可能性が高いと考えられます。

効果が高い反面、ハイドロキノンには肌に赤みや炎症を引き起こすという副作用があります。

敏感肌用の美白化粧水にはほとんど配合されてはいませんが、念のため配合成分を確認するようにしましょう。

<保存料や防腐剤>
メチルやブチル、エチルパラベンなどに代表される保存料や防腐剤は、化粧水を雑菌から守り品質を保つ役割がありますが、敏感肌の人には合わない場合があります。

美白化粧水に配合されている敏感肌の人におすすめの成分とは

では、美白化粧水に配合されている成分で、敏感肌の人にもおすすめのものはどのようなものなのでしょうか。

敏感肌の人は外部からのちょっとした刺激でも肌がトラブルを起こしてしまいます。

これは肌の表皮である角質層が乾燥し、荒れていることが原因だと考えられています。

このような乾燥して荒れた角質層をケアすることで肌の状態が良くなり、古くなった角質が剥がれ落ちて新しくなるターンオーバーも整うようになります。

これらのことから、敏感肌の人が美白化粧水を選ぶ時には、角質層の水分をしっかりと補うことのできる保湿成分が配合されたものがおすすめです。

代表的な保湿成分は、セラミドです。

特に乾燥が原因で敏感肌になっている場合は、セラミドを補うことで肌の表面の隙間を埋めて水分をキープすることができるので、外部の刺激から肌を守ってくれます。

数あるセラミドの中でも、動物性セラミドとヒト型セラミドは、人の肌となじみやすく高い保湿効果が期待できると言われています。

 

美白化粧水としての高い効果だけを重視しない化粧水選びを

シミや黒ずみを解消したいあまり、ついついできるだけ美白効果の高い化粧水を…と選びがちですが、効果が高い化粧水にはそれだけ肌への刺激が強い可能性があるということも忘れないようにしましょう。

特に敏感肌の人は、肌を白く美しくするためにと選んだ化粧水がもとで、思わぬトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

敏感肌の人が美白化粧水を選ぶ時には、配合されている成分に刺激の強すぎるものが入っていないかという点をいちばんに重視するようにし、美白効果だけを追わないようにしましょう。

日焼け直後に美白化粧水を使っても効果が無かったという口コミ

ついうっかり海や屋外で長時間過ごしてしまい、ひどく日焼けをしてしまったという場合、できるだけ早く肌の色を元に戻したいと思うものです。

ところが日焼け直後に慌てて美白化粧水をつけてみたものの、効果があまり無かったという口コミがあります。

数ある美白化粧水の中には、長期間使い続けることで肌の色が明るくなったなど、口コミで評判の良いものもあります。

ただ、どれほど口コミで人気のある美白化粧水であっても、日焼け直後につけた場合は、口コミほどの美白効果を得られないということもあるようです。

なぜ、日焼け直後に美白化粧水を使っても効果が無いということになるのでしょうか?

日焼け直後の肌には美白化粧水でのケアはNG?

日焼けをしてしまいすぐに肌の色を戻したいと思っても、日焼け直後に美白化粧水をつけることには注意が必要です。

口コミなどで話題の美白効果が高い化粧水であっても、肌質によっては日焼け直後には避けた方がいい場合があります。

特に日焼け後に肌がヒリヒリ痛みを感じている場合や、肌が赤くその状態が長く続いている場合は美白化粧水をつけないようにします。

このような状態は肌が日焼けによって炎症を起こしていることが多く、肌に刺激になる成分が使われている可能性のある美白化粧水は、肌の状態をかえって悪化させてしまうことがあるからです。

このような場合は、美白効果よりも保湿効果のある化粧水を使って、まずは肌の状態を改善させることを重視する必要があります。

日焼け後にスキンケアをする時の正しい方法と適した化粧水

このように日焼け後に肌が炎症を起こしてしまっている人がスキンケアをする場合、まずは肌をよく冷やすようにしましょう。

また、炎症を起こしているということは、日焼けによって肌が軽いやけど状態にあると言えます。

つまり肌はカラカラに乾燥しているということになるため、たっぷりの水分で保湿をしてあげる必要があります。

その場合、美白効果のある化粧水を使うのではなく、保湿効果のある化粧水を使うことが大切になってきます。

また、バリア機能が弱まっていて外部の刺激にも弱くなっている可能性があるので、敏感肌用の化粧水を使うのもおすすめです。

美白化粧水には肌を乾燥させてしまう成分が配合されている場合もあるので、炎症を起こしやすい肌の人はこのタイプの化粧水を日焼け直後に使うことは控えましょう。

炎症を起こしやすい肌と起こしにくい肌の人がいる

一方で、日焼け後にヒリヒリと痛みを感じることがなかったり、赤くなった肌がすぐに黒くなったりするタイプの人もいます。

このような人は、日焼けによって炎症を起こしにくい体質だと考えられます。

日焼け後に炎症を起こさない肌質の人はメラニンによって肌がすぐに黒くなりやすくなってしまうため、美白化粧水を使ったケアが適しています。

口コミで高評価の、美白効果が高い化粧水を使ってケアすることによって、メラニンの生成を抑えることが期待できます。

もともと肌の色が黒い人は、このような肌質であることが多いようです。

メラニンが定着してしまうとすぐに肌の色が黒くなってしまうため、早めに美白化粧水を使ったケアをするようにしましょう。

ただ、やはり日焼け後は肌が乾燥した状態にあるため、保湿効果もある化粧水を使う方が安心です。

同じ日焼けであっても、肌が炎症を起こしやすい人と起こしにくい人がいます。

そのため、日焼け直後には肌質に合ったスキンケアをする必要があります。

どれほど口コミで美白効果が高いと話題になっている美白化粧水であっても、炎症を起こしやすい人にとっては肌にダメージを与えてしまうこともあるので、注意するようにしましょう。

執筆者:さくら