肌の悩み|シミやそばかすの種類や原因と、対策方法を学ぼう!

肌の悩みである「シワ」や「シミ」には種類があります。

自分のシワやシミは何が原因なのか、

自分の肌に合った対処方法を知り、美白肌を目指しましょう!

 
 
 

加齢とともに増えるシワ、小ジワが悩み!その種類について

 

 

シワや小ジワにも種類があります。

ちりめんジワもしくは小ジワは、肌が乾燥していると浅く細かく出るのが特徴です。

 

大体目尻や目元に出ます。

肌の層の外側である表皮の、さらにそれよりも外側の角層にできます。

20歳以上になると年齢を重ねることで肌の保湿力が落ちるので、現れるのです。

 

ただ、年齢に関係なく若かったとしても目元や口元は皮膚が薄いためシワができる可能性もあります。

表情ジワは、表情を作った時にできたシワが、なかなか元に戻らないというものです。

 

笑った時や眉をしかめた際にでき笑いジワとも言われます。

目尻部分や眉間、額や鼻の付け根にできます。

表情を作った時に、目尻などにシワができても、保湿できていればシワは残りません

 

乾燥しコラーゲンやエラスチンが減っていると、同じ表情を何度もするとできたシワがそのままになり、戻らなくなるのです。

 

そして、一般的なシワが真皮ジワです。

老化や紫外線によって皮膚に弾力性がなくなることや、皮下脂肪が増減することで表面の皮膚がたるみ起こります

 

コラーゲンやエラスチンの減少や変性も原因となります。

 

 

 

ほうれい線が気になる!悩みの原因について探ってみよう

 

 

美白など、肌に気を使っていても加齢とともにほうれい線の悩みも出てくるかもしれません。

ほうれい線は、頬がたるんでくることでできやすくなります。

肌の真皮はふっくらとした肌の基礎となりますが、それが衰えるとたるんできてしまうのです。

 

加齢や紫外線が原因でコラーゲンエラスチンといった線維が少なくなると、また、表情筋の衰えもほうれい線の原因になります。

表情筋は、顔に直に付いています。

ただ、いつも表情が同じなら、表情筋もそれを記憶してしまいます。

 

人と話す機会が少ない場合や、固い物を食べないようだと、表情筋の筋力も衰える可能性があるでしょう。

それに、皮下脂肪は増加することや溜まっていくと言った点で、脂肪を支えられなくなりたるむのです。

ほうれい線が浅い場合は、表情の癖であったり肌表面の乾燥、もしくはむくみによるとされています。

 

特徴としては1本の線のように見え、表情の癖などでシワが定着してしまうのです。

もし深い場合なら筋肉の衰え、コラーゲンエラスチン線維劣化もしくは減少なども原因に挙げられます。

コラーゲンやエラスチンは年齢を重ねていくと減っていくため、深いほうれい線があるなら、肌の老化現象となっているということです。

 

 

 

美白のために悩み解消!シワや小ジワの対策方法とは

 

 

美白のためのシワや小ジワの悩み対策では、気温や湿度の変化にも気を配るのが最適です。

血行が悪くなり新陳代謝が低下して、新しい細胞も生まれにくくなるので、肌の保湿力も落ちてしまうのです。

 

夏場や冬期などにクーラーに当たる頃には血管が収縮してしまうため、注意をしなければいけません。

 

さらに、生活が不規則であっても血行が悪くなります

そうなると乾燥することも考えられます。

 

例えば睡眠不足が続いてしまうと、ホルモンバランスが崩れて肌のターンオーバーも滞るのです。

寝ている間に肌が回復し作られますので、悩みを解決して美白を目指すなら生活は規則正しくするのが大事なのです。

 

また、悩み改善なら洗顔もポイントです。

美白をして綺麗な肌を手に入れるなら、強く擦るのではなく優しく洗うのがポイントであり、摩擦によるダメージも抑えるようにしましょう。

 

ただ、自身での対策ではなかなか小ジワが改善されないケースもあります。

 

そうした場合には、皮膚科で治療を受けるのも手段です。

白色ワセリン』や『ヘパリン類似物質製剤』などといった、乾燥の原因に合う保湿剤が処方されます。

これによって、美白にも近づける可能性があります。

 

 

 

美白の敵!?皆はそばかすについてどんな悩みを抱えているのか

 

 

美白を目指すならそばかすも気になるのではないでしょうか。

まず、そばかすについて世間ではどういった悩みを抱えている方がいるのかについて見ていきましょう。

 

ある方は、子どもの頃からそばかすがあったと言います。

悩みを抱える方は、これまではさしてそばかすを気にはしていなかったのです。

元から色が白くメイクも好きではなかったことから、すっぴんで過ごしていました。

面倒であり日焼け止めも付けていなかったのですが、シワもないので若く見られていました。

 

しかし、40代になりそばかすが目立つようになり、悩み始めたのです。

シミのようなものまで出てきたので、友人にも指摘されるようになりました。

 

シミやそばかすのない美白を目指したいということですが、シミ用の化粧品の効果が得られずより悩むようになっています。

 

 

この他にも、女子高校生でそばかすの悩みがあるという方がいます。

その方はそばかすが酷く困っていると言います。

 

顔の場合は頬と鼻の辺りに多くあり、顔の全体にも広がっています。

外で行うスポーツをしていたということもあり、仕方ないとは考えているのですが、日焼けが落ち着き色が白くなってきたら、そばかすが目立つようになったというのです。

初対面の人と話す際などには、その相手に『顔が汚い』などと言われているのではないかと気になり、顔を抑えつつ話すのだそうです。

 

 

 

そばかすの原因と症状について知っておくと便利!

 

 

そばかすは、メラニン色素が生成されて沈着することでできる可能性があります。

一般的に、メラニン色素は表皮の一番下の層にある色素細胞から生成されて、表皮細胞に伝達された後に肌のターンオーバーにより肌の表面から自然に剥がれ落ちていきます。

 

ところが、紫外線などのダメージにより余分に美白の大敵であるメラニンが生成されると、排出ができなくなり肌に沈着してしまい、シミやそばかすを作ってしまうのです。

 

また、そばかすには遺伝としてそばかすができやすい体質である先天性のものと、後天性のものがあります。

先天性は思春期頃にでき、次第に消えていくでしょう。

 

一方、後天性のものは大人になってからできるのが特徴です。

ターンオーバーの乱れや紫外線が原因として考えられます。

 

そばかすの症状としては、薄い褐色の直径3ミリほどの斑点であり、頬や鼻にできるのが特徴です。

遺伝する傾向もあり、白人の方に多く見られます。

 

顔に比べて出る確率は低いですが、背中の上の方や腕、手の甲でも発生する可能性があり、悩みの種となるのです。

思春期頃に目立つようになってきて、夏季頃に数や大きさ、色調が増してきて、冬季の間は和らぎます

 

 

 

美白のため!そばかすの対策にはどういった方法があるのか

 

 

美白のためにそばかすの悩みを取り除くためには、どういった対策があるのでしょうか。

どの様なそばかすでも、紫外線を浴びると悪化してしまいます

 

よって、UVカットの帽子を被ることや、日傘や衣服などで紫外線対策をするのが適しています。

 

それに、日焼け止めクリームを塗るのも手段でしょう。

 

また、肌のターンオーバーを改善することでも、メラニン色素が生成されたり沈着するのを防止できます。

洗顔等で肌の汚れ及び角質をきちんと除去して、保湿も十分に行いマッサージをするなどして血行を改善するのも選択肢です。

 

その他には、ストレスを溜めないことも大事ですし、生活を規則正しくするのも、そばかすの悩みを解消して美白を目指すポイントです。

 

できたそばかすの治療では、レーザー治療などがあります。

そばかすの部分に強い光を当てるというものです。

 

 

 

シミについてどんなことで悩みを抱えている?

 

 

シミは美白を目指す方にとっては不必要なものでしょう。

 

では、世間の方は、どういったシミの悩みを抱えているのでしょうか。

ある方は37歳頃にシミで悩み始めたと言います。
それまでは、周囲にも肌が綺麗だと言われるほどでした。

 

しかし、仕事のストレスもあり以前ほどに肌の手入れに時間を割けなくなったのです。

そこで、シミ部分にファンデーションを濃く塗ることや、コンシーラーを塗るなどしてシミを隠していました。

 

そして、シミ自体の対策をしないまま放置していたら、シミは濃くなる可能性もあるのです。

初めはポツリポツリとある程度だったシミが、気づいた時には小指の頭ほどの大きさになっていたと言います。

 

また、他の方は若い頃から頬にかなり多くのシミがあると言います。

それに加えて肌質面でそばかすができやすいということもあり、シミがよくできてしまうのです。

段々と美白化粧品では賄えないほどにシミが増加しました。

 

クリームを塗るという手段やレーザー治療を受けるなど、どういった治療法がシミ取りに効果があるのだろうかと悩まれているのです。

 

 

 

美白のためにシミの原因と症状を探ろう

 

 

美白するなら放っておけないシミは、種類がありそれぞれに症状も僅かに異なります。

その中でも日焼けによるシミは特に多いのではないでしょうか。

 

紫外線でも弱いとされるUVAを浴びると、皮膚の細胞が防御態勢に入り、ダメージを回避できるようにメラニン色素を生成します。

このメラニン色素の影響で皮膚が茶色に変色することや黒ずみなどのシミへと繋がります

 

メラニン色素が沈着するとシミとなりますが、頬骨の辺りに丸くて褐色の斑点ができるケースもあります。

 

また、そばかすというのもありますが、それもシミの種類であり、シミの症状なのです。

シミの原因については、やはり紫外線が挙げられます。

 

紫外線を浴びるとシミの元となります。

 

ただ、紫外線を浴びたからと言って直ぐにシミとなるわけでもなく、紫外線の全てがシミに繋がるわけでもありません。

UVA波を浴びることで、皮膚の内部に入り込み皮膚の細胞を攻撃し、結果としてメラニン色素を生成してシミとなり、私達の悩みの種となるのです。

 

さらに、遺伝も原因として挙げられます。

遺伝が原因で発生するのはそばかすです。

 

そして肝斑については女性ホルモンの崩れが原因となります。

 

 

 

悩み解消への道!シミの対策方法はどんなのがあるのか

 

 

シミ対策をして美白を目指すなら、美白化粧品を使いシミに働きかける手段があります。

厚生労働省が認めた美白成分もあり、それらを用いてメラニンが生成されないようにして日焼けでシミ等ができるのを抑えることもできる可能性があります。

 

例えば、元は抗炎症剤だったトラネキサム酸や、抗炎症作用もあるカモミラET、苔桃より抽出されたアルブチンなどがあります。

こうした成分の配合されている化粧品を使用するのも一案なのです。

 

また、メラニン形成をブロックできるハイドロキノンなどの外用薬をクリニックで処方してもらう手段もあります。

そして、肌のターンオーバーを促し美白になるために、ピーリングをするのも1つの方法です。

こうした手段で、悩み解決に繋げられる可能性があります。

 

さらに、保湿をすることも大事ですがシートマスクを使用するのも手段です。

密封保湿となるため、化粧水以上に肌へと潤いを与えてくれる可能性があります。

 

シリコンマスクをシートマスクの上に着けると、より水分の蒸発を防止できます。

毎日でなくても、スペシャルケアの一環として用いるのも1つの手ではないでしょうか。

 

 

 

悩みの声あり!美白サプリで白髪が増えるって本当なのか

 

 

美白サプリを飲み始めてから、白髪が増加したという悩みの声があります。

20代も後半になると美白を気にする方も増えるでしょうし、ケアをし始める方も多いと考えられます。

年齢が原因で白髪が生えてきている可能性もないとは言い切れませんが、美白サプリの成分には髪の毛にも影響のあるものがあるのです。

 

美白サプリにはL-システインという成分が含まれていて、メラニン色素を抑える効果が見込めます。

美白の点では嬉しい効果ではありますが、白髪を増やしてしまうとされているのです。

美白サプリの製品には、『メラニン色素を抑制する』と言う点が明記されています。

このメラニン色素を抑えるL-システインの効果こそが、毛髪を白くさせるのです。

 

毛髪が白くなるのは、メラニン不足とされていることもあり、毛根にあるメラニン色素が作られる組織そのものがなくなると、髪を黒くする力が弱まってしまい、白髪になり悩みの種となるのです。

ただ、白髪となると言っても少し白髪が生えてきたという程度に留まるでしょう。

 

 

 

美白サプリの副作用の悩み!本当に白髪が生えるのか

 

 

美白サプリの中には健康食品であるサプリメントもありますが、医薬品であるサプリメントだとより効果が高いので、利用されている方も多いかもしれません。

 

医薬品には副作用があるケースも考えられます。

医薬品の美白サプリを飲む際には、副作用に関しても確認しておくのも大事です。

 

医薬品となっている美白サプリのL-システインには長期間服用したり過剰に摂取すると白髪が増加するという副作用が見られる可能性があります。

L-システインはシミなどができるのを抑えられますが、長い期間飲んでいることや多く飲み過ぎてしまうと、私達の身体を守ってくれているメラニンまでも抑えてしまいかねません。

そうして、髪の毛の色素が薄くなったり体毛が薄くなるといった現象が起きるのです。

 

それに、あまり日焼けしない身体になるため、身体が紫外線に弱くなってしまう傾向もある点を把握しておきましょう。

また、塗るタイプの美白ケア用品であれば、必要な部分にだけ塗れるので、そこだけ美白ができます。

 

しかし、美白サプリですと体内に入れるので、美白成分が体内のいたるところに広まり、頭皮に届かないようにしたくてもできません。

そういった白髪の悩みを解消したい場合には、ビオチンと言う成分を摂っていると白髪を防止できると言われているので、覚えておくのも一案です。

 

ビオチンはビタミンの種類であり、白髪を治せるわけではないものの、健康な髪や皮膚を生成するのを助けてくれます。

よって、今後の白髪予防としては効果を発揮してくれるのではないでしょうか。

美白サプリだけでなく、一緒にビオチンも摂取するのも1つの手なのです。

 

 

 

美白サプリと白髪の副作用の悩みについてのまとめ

 

 

白髪となるのは、メラニン不足も要因として挙げられます。

そして、美白サプリには、『メラニン色素を抑える』などと明記されているものがあります。

 

美白サプリに含まれているL-システインには、シミを抑える効果が期待できます。

しかし、美白サプリを飲むと白髪が増えたという声も聞かれることがあります。

 

その悩みの理由とされているのが、美白サプリに配合されているL-システインです。

医薬品だと副作用が起きる可能性があり、L-システインは長期間服用していることや過剰に摂取してしまう白髪が増加するという副作用が起きると考えられるのです。

 

白髪が生えるのは、ビタミンの種類であるビオチンを摂ることで抑えられますし、美白サプリを過剰に摂取しなければ問題はないでしょう。

 

 

 

執筆者:知世

 
 

成分と価格を徹底比較!美白サプリ総合ランキング

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<