美白方法|様々な美白化粧品のメリット・デメリットと、即効性で話題の美白点滴について!

美白化粧品には様々な種類がありますが、

それぞれにメリット・デメリットがあります。

また、気になるコスト面も徹底調査!

即効性で話題の「美白点滴」についてもご紹介!

 

《目次》

美白乳液にはたくさんのメリットがあります

 

 

 

化粧水の後に乳液を使う目的は、化粧水で肌に届いた潤いを逃さないように「フタ」をするというものです。

 

化粧水だけでは油分が足りず、すぐに蒸発を始めてしまうからです。

 

乳液でフタをすることで、日中の乾燥から肌を守るというメリットがあります。

 

 

美白成分の入った乳液なら、潤いを守りながら美白成分が作用して、シミの基になるメラニンの生成をブロックすることができます。

 

また、きちんと潤っているお肌はターンオーバーが正常になりやすいので、現在できているシミを肌の表面に排出する働きも高くなるというメリットもあります。

 

 

夏場は汗をかきやすくべたつきやすいので、冬場に比べて乳液の使用量を若干減らすことが化粧崩れを防ぐポイントになります。

 

 

 

美白乳液の気になるデメリットについて

 

 


乳液を使うデメリットはそんなに多くありませんが、強いて言うならば、つけすぎるとべたついて化粧崩れを起こしやすくなるという点がデメリットでしょう。

 

美白成分が入っている乳液の場合、通常の乳液よりもしっとり感が少ないというデメリットもあります。

 

サラッとした感触の商品が多いため、夏場でも強く乾燥を感じる人にとっては物足りなく感じるようです。

 

 

べたつきが気になる人は、使用量を少し減らしてみましょう。

 

化粧水を付けた後、3分は間隔を置いてつけると肌になじみやすくなるのでデメリットの解消になります。

 

 

乾燥を感じてしまう人は、化粧水を重ね付けするなどの工夫が必要です。

 

乳液をたくさん重ね付けするよりは、化粧水でしっかりと保湿をしてあげる方が化粧崩れを防ぐためには有効です。

 

 

それでも乾燥を感じる場合には、乳液の後にクリームを足してみましょう。

 

デメリットを解消するためにできる工夫は色々あります。

 

 

 

美白乳液を使う場合のコストは高い?安い?

 

 


美白乳液と一口に言っても、コストについては色々ありますので、ひとことで「安い」とか「高い」とは決めつけられません。

 

しかし、コストがかかるものに関しては、美白のための有効成分がたくさん入っていると考えて良いでしょう。

 

 

コストがかからないプチプラ化粧品は、遠慮なくたくさん使えるというメリットはありますが、有効成分が含まれる割合が低いことがあります。

 

 

ただ、毎日使うものですので、あまりコストがかかるものは使えないという人が多いはずです。

 

良い乳液でも、毎日続けられなければ美白の効果も薄れます。

 

そこで、日々の生活に無理のないコストを決めて、その金額で乳液を選ぶことをおすすめします。

 

 

ケチケチと使わないといけない乳液より、毎日しっかりと使える乳液の方が効果があります。

 

コストだけで選ぶのではなく、肌に合っているかという点も大切にしましょう。

 

 

 

結局どの美白乳液を選ぶと良いのか

 

 


メリットもデメリットもありますが、結局のところどの乳液を選べば良いのかという点についてまとめました。

 

まずは、コストです。

 

コストだけを気にするのはオススメできませんが、続けられるコストかどうかは大切です。

 

自分で続けられるコストを決めたら、メリットとデメリットをしっかりと考え、成分にも注目して選びましょう。

 

 

ネット上の口コミでは使用感や美白効果について生の声を聞くことができるので、こちらも必ずチェックしてください。

 

 

デメリットである「べたつき」や「乾燥」については、使い方の工夫でカバーできるはずです。

 

 

できればメリットとデメリットについて検証する前に、サンプルを手に入れて試してみることをおすすめします。

 

サンプルで自分の肌に合っているかどうかを確かめることで、コストの面でも損をしない買い物ができるでしょう。

 

 

 

美白クリームにはたくさんのメリットがあります

 

 

 

クリームを使っていますか?

 

化粧水で肌に潤いを届けて、乳液でフタをする。

 

この手順でも間違ってはいないのですが、クリームで更に美容成分を届けてあげると肌は喜びます。

 

 

クリームには化粧水や乳液に比べて多くの美容成分が配合されていて、美白のクリームには美白成分もたっぷり含まれています。

 

メリットは、しっかりと肌が潤い、たくさんの美白成分を肌に届けられることです。

 

美白クリームのメリットは他にもあり、続けることで肌質を改善することができるということです。

 

 

他にも配合されている美白成分によって、シミを目立たなくさせたり肌を明るくしたりするというメリットがあります。

 

メリットが多い美白クリームをプラスして明るい美しい肌を目指しましょう。

 

 

 

美白クリームの気になるデメリットについて

 

 

 

化粧水や乳液に比べて金額が高くなるのがデメリットといえます。

 

美白クリームも一般のクリームと同じで、同じシリーズの他のラインの化粧品と比べると高めの金額設定です。

 

 

他には、コクのあるテクスチャーの美白クリームが多いので、つけすぎるとベタベタしてしまうというところがデメリットです。

 

特に夏場は朝使いすぎると化粧崩れを起こす原因になってしまいます。

 

 

このデメリットがあるため、夏はクリームを使わないという人もいますが、美白クリームの成分は美白にとってとても有効なので、夜だけでも使うことをおすすめします。

 

 

また、金額が高いので続けられないという場合、少し金額を落としてでも使い続けることが大切です。

 

上手な使い方や選び方次第で大きなメリットにもなるので、美白クリームを使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

美白クリームを使う場合のコストは高い?安い?

 

 

美白クリームは他の化粧品に比べて高めです。

 

メーカーやブランドによって金額はまちまちですが、化粧水が3000円だった場合、クリームは5000円くらいすることもあります。

 

クリームには贅沢に美容成分が配合されているので、コストの面では上を見ればキリがありません。

 

5万円もするクリームを使っているという人もいます。

 

コストがかかる美白クリームは確かに美容成分が豊富で、使ってみるとコストがお手軽な美白クリームとは大きな違いを感じられます。

 

 

しかし、良いと分かっていても、続かないのでは使う意味がありません。

 

一時的に肌の感触が良くなっても、継続して使わないと肌には効果がありません。

 

 

肌は良い状態を記憶しておくことができないので、コストがかかるからといって一時的なケアで満足していてはいけないのです。

 

 

 

結局どの美白クリームを選ぶと良いのか

 

 

美白クリームは肌に大きなメリットとなりますからぜひ使ってみてください。

 

選ぶときにはデメリットになる「使用感」と「コスト」について考えて選ぶと良いでしょう。

 

 

まず、続けられるコストかどうかで商品を絞り込み、その商品に含まれている美白成分に注目してみます。

 

 

インターネット上の口コミサイトはとても参考になりますが、一時的な使用感ではなく、長く使っている人の声を参考にしてください。

 

美白に対して効果が表れるのはとても時間がかかります。

 

肌の奥から美白アプローチが必要だからです。

 

1年くらい使っている人の口コミがあればとても参考になります。

 

 

ただし、化粧品の効果は体質にもよりますから、必ずしも自分にピッタリくるクリームかどうかは分かりません。

 

それでも、口コミで評価が高ければ実力のある美白クリームといえるでしょう。

 

口コミ評価が高く、コストの面でも心配のないクリームを選ぶことが大切です。

 

 

そして、冬場でも継続して使いましょう。

 

冬にもわずかですが紫外線は出ていますし、夏の間のダメージは長い時間をかけてケアしていく必要があるからです。

 

 

 

美白ジェルにはたくさんのメリットがあります

 

 

美白ジェルの大きなメリットは、ジェル独特の「サラッとした使用感」です。

 

化粧品でジェルというのは種類が少ないのですが、顔の油分が多く化粧崩れが気になる人には選ばれている商品です。

 

 

ジェルの中にはオールインワンタイプもあり、スピーディにお手入れできるというメリットもあります。

 

サラッとしているので、クリームや乳液に比べて肌に浸透しやすく、忙しい朝にはメリットが大きいといえるでしょう。

 

油分を抑えた商品が多いので、日中油浮きしやすい人にもオススメできます。

 

 

また、ジェルタイプの化粧品は日中のメイク直しにも使いやすいというメリットがあります。

 

乾燥してきたと感じたら、余分な油分をティッシュオフして、ジェルを薄く掌に伸ばして抑えるようにつけてみましょう。

 

こするとベースメイクがよれてしまうので、優しくプッシュするのがコツです。

 

 

 

美白ジェルの気になるデメリットについて

 

 

 

顔の乾燥が気になる人にとって、美白ジェルでは潤いが不足するというデメリットがあります。

 

極度の乾燥肌の人にはクリームや乳液の方が潤いを感じられるかもしれません。

 

美白ジェルだから成分の面でデメリットがあるということはありません。

 

ジェルでもクリームでも、しっかりと美白成分が含まれているものを選べば良いのです。

 

 

美白効果を高めることだけを考えると、化粧水、乳液またはジェル、最後にクリーム、といった順番がオススメですがコストの面ではデメリットが大きくなりますので、自分の肌質に合わせて上手に組み合わせていくことが大切です。

 

迷った時は、サンプルを貰ってメリットとデメリットについて自分の肌で試してみることをおすすめします。

 

 

 

美白ジェルを使う場合のコストは高い?安い?

 

 

 

美白ジェルは美白クリームに比べてコストが安いことが多いですが、オールインワンタイプになるとすべてが一つに凝縮されているのでコストが若干高くなるというデメリットがあります。

 

 

しかし、すべての美白化粧品をライン使いしようとするとなかなかのコストがかかるので、ジェルの単品づかいにすればコストを抑えることができます。

 

化粧品に関して、コストが安い商品はあまり効果が無いと思っている人が多いのですが、安い商品の中にも優秀なものはたくさんあります。

 

ケチケチ使うよりはコストを抑えた化粧品をたっぷり使う方が肌に良いこともありますので、コストが高い=優秀という考え方は捨てましょう。

 

もちろん、高い商品が「高い」理由はあります。

 

 

化粧品には配合しにくい成分が入っていたり、開発が困難な成分が含まれていたりする場合です。

 

 

 

結局どの美白ジェルを選ぶと良いのか

 

 

 

メリットとデメリットを考えると、答えは「サンプルで試してから選ぶ」ということになるでしょう。

 

最大のメリットであるサラッとした使用感が、物足りないというデメリットになることもあるからです。

 

 

ネット上の口コミもメリットとデメリットを比較するうえでとても参考にはなりますが、実際に使ってみないと分からないということは多いです。

 

肌荒れを起こしやすい人の場合、必ずサンプルで試してください。

 

 

敏感肌にも使えると書いてあっても、敏感さは人それぞれで、どの成分が反応して肌荒れを起こすのかはっきりと分からないことが多いはずです。

 

サンプルが無い商品の場合、実際の商品で試すことになりますが、その時も肌に合わないと感じたらすぐに使用を中止してください。

 

 

ネットの書き込みなどをみると、夏場はジェルを使い、冬場はクリームでしっかりと保湿するという使い分けをきっちりしている人も多いので、お好みに合わせて使い分けるというのも賢い選択です。

 

 

 

美白ハンドクリームにはたくさんのメリットがあります

 

 

 

女性にとって、冬場の乾燥には欠かせないハンドクリームですが、美白成分の入ったものを意識して選んでいる人は少ないようです。

 

顔や腕など体のパーツに比べて日焼け対策を怠りがちな手の甲は、紫外線のダメージを受けることが多いパーツです。

 

せっかくハンドクリームを使うのであれば、美白成分が入ったものを選ぶことをおすすめします。

 

 

美白ハンドクリームの大きなメリットは、手の甲を明るくすることができてシミやシワを防ぐことができるという点です。

 

手は紫外線の影響で顔に比べて老化が早く現れるといわれていますので、このメリットを生かして美しい手をキープしましょう。

 

日中は日焼け止めで紫外線を防ぎ、夜は美白ハンドクリームをたっぷり塗ってケアすることで、メリットを最大限に生かすことができます。

 

 

 

美白ハンドクリームの気になるデメリットについて

 

 

 

美白ハンドクリームに大きなデメリットはありませんが、強いて言うならば、「種類が少ない」という点でしょうか。

 

冬場のドラッグストアにはたくさんのハンドクリームが並びますが、その中に美白効果があるものはわずかしかありません。

 

美白よりも保湿に力を入れているメーカーが多いのでしょう。

 

それでも数年前に比べて種類は少しずつ増えてきています。

 

もし、店頭で見つけられない場合にはネット通販を利用して購入してください。

 

 

また、美白のハンドクリームは、効果がすぐに出てくるわけではないので継続して使うことが大切です。

 

 

美白成分が多いハンドクリームの場合、通常のハンドクリームよりも割高になっていることも多く、コストの面ではデメリットになる可能性があります。

 

さらに、美白成分が入っていることで、保湿効果が若干物足りないこともあり、この辺りがデメリットになることもあります。

 

 

 

美白ハンドクリームを使う場合のコストは高い?安い?

 

 

 

ドラッグストアやバラエティショップに売っている美白ハンドクリームが、普通のハンドクリームに比べて特別にコストが高いということはありません。

 

コストの面だけを考えると、一般の商品と変わらないと考えて良いでしょう。

 

 

メリットである「美白効果」に高い期待を寄せるのであれば、少々コストのかかる高めのハンドクリームにチャレンジしてみてください。

 

美白のハンドクリームをコストの面で比較したいのであれば、店頭よりもインターネット通販の方がオススメです。

 

ショッピングサイトで「美白 ハンドクリーム」と検索するとたくさんの商品がヒットします。

 

コストで並び替えることもできるので、長く続けられる無理のないコストの商品を選ぶようにしましょう。

 

 

 

結局どの美白ハンドクリームを選ぶと良いのか

 

 

 

メリットは美白効果ですから、美白効果の高いハンドクリームを選ぶと良いでしょう。

 

しかし、デメリットである「種類の少なさ」もありますから、店頭で見つからない時はインターネット通販を利用しましょう。

 

美白化粧品に共通することですが、美白を意識する「夏」には店頭に種類がたくさん並び、冬場は保湿に力を入れた商品が並ぶ傾向にあります。

 

 

多くの人が「夏は美白、冬は保湿」と考えているからでしょう。

 

 

ただ、本当は美白を叶えたければ紫外線の少ない冬こそ集中的に美白ケアをするのに向いています。

 

保湿力が落ちるというデメリットは、他の保湿商品でカバーすることになります。

 

ハンドクリームの場合、保湿力が足りないかもしれないというデメリットについては、ハンドクリームの重ね付けでカバーすることができます。

 

 

夜に美白のハンドクリームを塗って朝に保湿が感じられない場合、美白ハンドクリームの上に保湿力の高いテクスチャー固めのハンドクリームを重ねてみると効果抜群です。

 

ただ、結構べたつくので就寝前だけに限ります。

 

 

 

美白オールインワンにはたくさんのメリットがあります

 

 

 

オールインワン化粧品の最大のメリットは「手軽さ」です。

 

化粧水と乳液、クリームが一つになったタイプが多いので、スキンケアにゆっくり時間が取れないという人にとってはオススメの商品で愛用者も多いです。

 

 

美白用のオールインワンなら、さらに美白効果が追加されて嬉しい限りです。

 

 

ただ、気をつけたいのは、あまりにも手軽なので、パパッと塗って終わりにしないことです。

 

手軽さというメリットがあるために、一度塗ってしまって終わりという人も少なくありません。

 

それで「保湿力が足りない」と嘆くのは早いです。

 

 

乾燥が気になる人や気になる季節には、オールインワンでも重ね付けすることをおすすめします。

 

コツは、一度目を塗ったらしばらく置くこと。

 

肌にしっかりと浸透させて次を塗っていかないと、いつまでもベタベタした感触だけが残ってしまいます。

 

ジェルタイプですから浸透が早いので、一度塗った後に着替えるとか、ブローをするとか。

 

その間にしっかり浸透していますので2度目を塗りましょう。

 

 

重ね塗りで、潤いを何重にも重ねられるので、日中の乾燥が気になる人はぜひ試してみてください。

 

 

 

美白オールインワンの気になるデメリットについて

 

 

 

 

美白オールインワンのデメリットは、「手軽さ」です。

 

これはメリットでもありますが、手軽さゆえにスキンケアを怠る原因になってしまうのでデメリットにもなるということです。

 

 

美白効果が高い商品には保湿力が足りないという口コミもありますが、保湿力が足りないと感じたら重ね付けすることです。

 

あまり重ねすぎると、化粧下地を兼ねたオールインワンの場合、化粧がよれる原因になりますので、一度目がしっかり浸透してから重ねるようにしてください。

 

 

デメリットは他にもあり、コスパが悪い商品もあります。

 

すべてが一つで叶うのでとてもコスパが良いように思えますが、何度も重ね付けしたりしてすぐに無くなってしまう、という声もあります。

 

一度でしっかりと保湿できる商品も出ていますので、ネット上の口コミやサンプルで試しながら自分に合った商品を選ぶようにしてください。

 

 

 

美白オールインワンを使う場合のコストは高い?安い?

 

 

 

化粧水から乳液、クリーム、化粧下地、とすべてをラインで揃えるよりはコストが安く抑えられる場合がほとんどです。

 

ですから、結論は「コストは安く済む」といえます。

 

 

しかし、化粧品の価格にはとても差があって、安いと思っても内容量が少ない場合にはコストが割高になります。

 

コストに関しては、「思いっきり安いものをたっぷり使う」という考え方もあります。

 

 

高い商品を少しずつ使っていくよりは、安い商品でもたっぷりと肌に載せることで美白効果が高いこともあります。

 

ケチケチせずに長く使えるコストの見極めが大切といったところでしょう。

 

美白効果が肌に現れるのには時間がかかりますから、お財布と相談しながら無理のないコストで続けられる商品を選ぶようにしてください。

 

 

 

結局どの美白オールインワンを選ぶと良いのか

 

 

 

店頭に並んでいるオールインワンの種類はそんなに多くありません。

 

これもオールインワンのデメリットと言えるかもしれませんが、そのデメリットを埋めるのがネット通販です。

 

ネット通販にはたくさんの美白オールインワンが売られています。

 

まずは口コミを読んでみましょう。

 

 

オールインワンの最大のメリットである「手軽さ」についてはもちろんですが、デメリットである「ライン使いよりも保湿力が劣る」「美白効果が劣る」という点をカバーしてくれる優秀なオールインワンに必ず出会えます。

 

なお、ネット上の口コミを参考にする時には、メリットもデメリットも正直に書き込まれている口コミサイトを参考にするようにしてください。

 

 

 

美容外科の美白点滴ってどんなもの?

 

 

 

ずばり、美白成分を血液中に直接点滴する美容法です。

 

美白に良いと言われる成分には、ビタミンCやプラセンタなどがあり、これらを直接血液に流すことで、より正確に肌に美白成分を届けることができるという画期的な美容法です。

 

 

点滴ですから、この美容法を受けられるのは「美容外科」となります。

 

美容外科は医療機関ですから点滴ができます。

 

 

ビタミンCとプラセンタはどこの美容外科でも美白点滴に配合していますが、その他の成分は美容外科によって配合を変えていたり、個人個人に合わせて調合してくれたりと色々です。

 

サプリメントでも美白成分を体内に取り入れることができますが、血液に取り込まれるまでに美白成分のロスが多いので、血液に直接流せる美白点滴の方が効果は高いと言えます。

 

 

 

美白点滴のメリットとは?

 

 

 

美白点滴の大きなメリットは、血液中に美白成分を直接流せることです。

 

サプリメントと違い、血液に直接成分を流すことで、高濃度の美白成分を肌に届けることができます。

 

 

そして、点滴という特性上、顔だけでなく全身の美白に効果が出るというメリットもあります。

 

また、プラセンタという成分は美白だけでなく更年期障害の症状緩和にも役立つ成分と言われています。

 

美白点滴に含まれるプラセンタは高い抗酸化力を持っているので、老化を防ぎ、活性酸素の影響で起こる体の様々な症状を和らげる効果も期待できます。

 

 

また、美白点滴の主な成分であるビタミンCも抗酸化力が高く、疲労回復に効果がある成分ですので体全体に良い効果が期待できます

 

免疫力アップを助ける成分でもありますので、風邪をひきにくい体になったり、風邪をひいても回復が早くなったりという効果も期待できるということです。

 

 

 

美白点滴で起こるデメリット・リスクについて

 

 

 

美白点滴のデメリットは、「費用」です。

 

高級化粧品を使わなくて済むほどしっかりとした効果が表れますが、一回あたり10000円程度かかります。

 

これが月に1度のペースなら良いのですが、美白点滴は週に1度のペースが良いと言われていますので、月に数万円は美白点滴に出費しなくてはいけないという点がデメリットになるでしょう。

 

 

リスクについては少ないといわれていますが、まれにプラセンタエキスにアレルギーを起こす人もいます。

 

もちろん、アレルギーの検査については点滴を受ける前にしっかりとチェックがありますので安心してください。

 

 

そして、美白に効果があるだけでなく、肌のハリや艶アップにも効果がありますから、なかなか中断することができないという点もデメリットといえます。

 

一度始めると美肌をキープするために依存してしまいがちですから、家計と相談して続けられそうかどうか計画を立ててから始めるようにしましょう。

 

 

 

美白点滴の費用と術後のケア

 

 

 

基本的に美白点滴は自由診療ですから、美容外科ごとに料金設定が違います。

 

ある美容外科では、一回あたりの点滴が8000円でした。

 

別の美容外科では10000円となっています。

 

 

このように美容外科ごとに料金は違いますが、配合されている成分が違うこともあります。

 

 

ビタミンCプラセンタをベースにして、ビタミンB2ビタミンB6など肌と体に良い成分を配合している美容外科が多くなっています。

 

 

美白点滴は週に1度のペースで通うことになりますので、費用だけでなく、美容外科が通いやすい立地かどうかという点も美容外科を選ぶときのポイントになります。

 

 

術後のケアについては、特に何もしなくて良いということですが、注意点としては、「一度美白点滴を受けたら献血や輸血はできない」というルールがあることを覚えておきましょう。

 

プラセンタやビタミンCは悪いものではありませんが、血液製剤を作る時の基準から外れてしまうため輸血や献血は禁止となっています。

 

 

執筆者:さくら

 

 

成分と価格を徹底比較!美白サプリ総合ランキング

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<