美白成分|美白化粧品を選ぶ際に参考にしたい「美白成分」とそれぞれの働きについて

美白成分には様々な種類があり、

それぞれ違う働きをしています。

 

肌の悩みによっておすすめの美白成分も変わってきます。

自分の肌の悩みをしっかり理解し、

自分に合った美白成分を知りましょう。

 

美白成分ハイドロキノンについて

 

 

 

ハイドロキノンはシミや色素沈着の予防効果がある厚生労働省認可の美白成分です。

 

効果がとても高いことから、皮膚科医の間では「皮膚の漂白剤」と呼ばれることもあるほどシミ除去の効果が強い成分です。

日本ではハイドロキノンの知名度が上がってきたのは最近のことですが、欧米では美白と言えばハイドロキノンというほどポピュラーな成分です。

 

以前は効果が強すぎることから医療機関のみで使用が許可されていましたが、最近では新しく開発された効果が和らいだハイドロキノンが登場し、市販の化粧品に配合されるようになっています。

 

ハイドロキノンの特記すべき美白効果の中に「還元作用」というものがあります。

これはハイドロキノンの「元に戻す」性質によるもので、酸化して固定したメラニンの還元を行い色を薄くするという効果があります。

 

シミの予防と謳った商品では今あるシミを薄くすることはできませんが、ハイドロキノンなら今ある濃いシミを薄くしていくことができます。

 

 

 

美白成分レチノイン酸について

 

 


レチノイン酸は「レチノール」というビタミンAを誘導体という特殊な形にしたものです。
レチノールも美白化粧品に多く含まれる成分なのですが、レチノイン酸はそれを更に浸透しやすい形に加工した成分です。
期待できる美白効果は、シミやソバカス、ニキビ跡の色素沈着などを目立たなくするというものです。

 
レチノイン酸には肌のピーリング効果や肌のターンオーバーを促して古い角質をはがれやすくするという効果がありますので、レチノイン酸で肌全体を明るく見せる効果も期待できます。

 
市販の商品に含まれていることがあるのはレチノールの方で、レチノイン酸は美容外科で使われることが多いです。
欧米では市販の化粧品に配合されていることもあり、日本でレチノイン酸配合の化粧品を手に入れようと思うと「輸入」という選択になります。

 
ただし、レチノイン酸とハイドロキノンの併用には副作用が起こることがあるので注意が必要になります。

 

 

 

美白成分ビタミンC誘導体について

 

 

ビタミンCは美白成分としてはとても有名な成分ですが、そのままの形では不安定で壊れやすく肌に浸透しにくいというデメリットがあります。

 

ビタミンC誘導体はこのデメリットを解消したもので、人工的に改良して安定させた物質です。

 

ビタミンC誘導体は肌の奥まで浸透しやすく、浸透の後にビタミンCに変わる特徴を持っています。

 

 

また、ビタミンC誘導体には「水溶性」と「油溶性」の2種類があり、水溶性肌に吸収されやすいビタミンC誘導体で、化粧水や美容液に含まれるビタミンC誘導体です。

 

油溶性はクリームに配合されることが多く、肌に長くとどまって効果を持続させる特徴を持っています。

 

 

ビタミンC誘導体配合の化粧品を選ぶときには、化粧水とクリームをライン使いすることで、水溶性と油溶性の良いところを取り入れることができます。

 

化粧品を買う時に、「ビタミンC配合」と書かれているか、「ビタミンC誘導体配合」と書かれているかでその効果は大きく違ってくるので気をつけてください。

 

 

 

美白成分入りの化粧品を選ぶポイント

 

 

ハイドロキノンやレチノイン酸、ビタミンC誘導体は美白の効果が高い成分ですが、高価な化粧品に多く配合される傾向にあります。

そのため、美白化粧品は価格が高いほど美白成分を多く配合していると考えて良いでしょう。

 

しかし、安い商品でも毎日続けていれば必ず効果が出てきますので、高いものを1ヶ月だけ使うというよりははるかに効果が高いです。
化粧品を選ぶときには、続けやすい価格かどうかを吟味して選ぶことが大切です。

 

 

また、美白の効果についてはネット上の口コミもとても参考になります。

 

 

 

美白成分エラグ酸について

 

 

エラグ酸は果物に含まれている天然ポリフェノールの一種です。

 

もともとは癌の発生を抑える効果を持つ物質として注目されていました 。

 

エラグ酸には、ポリフェノールの持つ抗酸化作用によってメラニンを黒色化する物質である「シロチナーゼ」の生成を抑える働きがあることが分かっています。

エラグ酸がシロチナーゼを抑えることが分かってきてから、美白化粧品に配合されることが多くなってきました。

 

実はエラグ酸にはハイドロキノンの還元作用とよく似た性質があります。

 

シロチナーゼを抑えてシミを予防する効果だけでなく、エラグ酸にはシミを薄くする効果もあることが分かってきました。

しかし、化粧品に配合できるエラグ酸の量は法律でごくわずかと決められているので、ハイドロキノンほど効果がないと思われています。

 

しかし、実際はエラグ酸も優れた美白効果を持つ成分と言えるのです。

 

 

 

美白成分アルブチンについて

 

 

 

アルブチンは多くの美白化粧品に配合されているポピュラーな美白成分です。

テレビのコマーシャルや雑誌の美容特集でも目にすることが多いので知っている人も多いでしょう。

 

アルブチンの大きな特徴は、シミの基になる「メラニン」の生成を抑える働きが強いという点です。

 

エラグ酸と同様に、メラニンを黒色化するシロチナーゼという物質を生成の段階で酸化させて無いものにすることでメラニンの生成を抑える効果があります。

アルブチンが配合された美白化粧品を使うと、アルブチンの効果で、紫外線を浴びた後でもメラニンの生成を抑えることが可能です。

 

ただ、今あるシミ対してはアルブチンでは対抗できません。

 

あくまでも「シミを予防する効果が高い成分」となりますので、アルブチンだけでなく、ハイドロキノンやエラグ酸などシミを薄くする効果のある美白成分と同時に使うことが理想的です。

 

 

 

美白成分コウジ酸について

 

 

 

酒造りに使われる麹菌を培養して作られる美容成分が「コウジ酸」です。

 

酒を作る杜氏の手が白く美しいことから注目された成分で、最近では美容に興味のある女性なら知らない人はいないというほどポピュラーな存在になってきました。

 

コウジ酸の持つ美白効果は、「メラニンの生成を抑制」するというものです。

紫外線を浴びてメラニンが作られそうになっても、メラニンを黒色化するシロチナーゼという物質の生成を抑制することでシミを作らせないことです。

 

また、加齢によって起こる肌の黄ぐすみである「糖化」という減少に対してコウジ酸の仕様が有効ということも分かってきました。

糖化とは体内でタンパク質と糖が結びついて肌が黄色っぽく変化していくことです。

加齢によって起こる自然な現象ですが、コウジ酸は黄色く変化する基になるエイジスという褐色の物質の生成も抑えることが明らかになっています。

 

美容外科では、肌が弱くハイドロキノンが使えないという人に対してもコウジ酸を処方するなど、肌に穏やかな効果をもたらす美白成分としても知られています。

 

 

 

美白成分入りの化粧品はどのくらいで効果が出る?

 

 

 

コウジ酸やアルブチン、エラグ酸はハイドロキノンやレチノイン酸に比べて美白の効果が穏やかと言われていますが、長期間にわたって使用することで穏やかながらもしっかりとした美白効果を期待できます。

 

私たちは気をつけていても紫外線のダメージを受けているもので、そのダメージを無かったことにするだけでもシミを作らない綺麗な肌を手に入れることができます。

 

夏場だけでなく冬にも使うことで、さらにシミの無い綺麗な肌に近づくことができるようになります。

今あるシミに対してはハイドロキノンの出番ですが、肌を明るくしてシミを予防したいのであれば、穏やかな作用を持つ美白成分を選んで長く使い続けましょう。

 

1年以上使うことで、肌が明るくなっていくのを実感できるでしょう。

 

 

 

美白成分トラネキサム酸について

 

 

 

トラネキサム酸は止血目的で医療の世界では一般的に使われている成分です。

 

トラネキサム酸は歯磨き粉にも配合されているので知っている人も多いでしょう。

トラネキサム酸が美白目的で使われるようになったのは、肝斑というシミに効果があることが分かってきた頃からです。

 

肝斑とは頬骨の上あたりや目じりの下に左右対称にできるシミの一種で、輪郭がはっきりせずぼやけているのが特徴です。

多くの人が肝斑をシミと勘違いしているようですが、トラネキサム酸が有効な「肝斑」は紫外線とホルモンの両方の影響を受けて作られるといわれていて、紫外線ダメージでできるシミとは少し違います。

 

これまでどんな美白化粧品を使っても改善しなかったという人は、トラネキサム酸が効く肝斑の可能性もありますので皮膚科医の診断を受けましょう。

シミの種類が肝斑だと診断されたらトラネキサム酸配合の化粧品を選ぶことをおすすめします。

 

 

 

美白成分カモミラETについて

 

 

 

カモミラETとは「カミツレエキス」のことです。

 

国内の大手メーカーが開発したことで知られる、カミツレから作られた人工的な成分です。

カミツレとはカモミールのことで、香りの良いハーブとして国内でも広く知られています。

 

カモミラETの主な効果は、抗炎症作用、酸化予防、菌の増殖予防、保湿、血行促進、美白といったものがあります。

植物由来ですから刺激が少なく、アトピーの人でも使える成分としても注目が集まっています。

 

カモミラETは厚生労働省にも認められた美白成分で、メラニン色素を作るように指令を出す「エンドセリン」という物質の働きを阻害します。

 

カモミラETがメラニンを作るという指令を無かったことにすることで、シミから肌を守ります。

 

また、カモミラETは肌のターンオーバーを促す作用が強いため、出来てしまったシミを外に出す効果も高く、ハイドロキノンほどではありませんが、今あるシミにも効くとしてカモミラETは話題になっています。

 

 

 

美白成分プラセンタエキス について

 

 

 

プラセンタエキスは胎盤エキスです。

 

主に豚の胎盤から抽出したエキスが使われることが多いです。

 

胎盤には赤ちゃんに栄養を届けるためにたくさんの栄養が詰まっています。

特に新陳代謝を活発にしたり新しい細胞を作ったりする成分が多く含まれていて、胎盤から抽出したプラセンタエキスにも同様の効果が期待できます。

 

プラセンタエキスにはメラニン色素の基になるシロチナーゼという物質の働きを抑制する力があります。

 

また、強い抗炎症作用と抗酸化作用を持っているので、肌への紫外線ダメージを軽減してくれる効果もあります。

 

プラセンタエキスは活性酸素を除去する力でメラニンが皮膚を黒くするのも防ぎます。

プラセンタエキスに含まれる新陳代謝を活発にする成分によって肌のターンオーバーを促しますので、今あるシミを外に出す力も強いです。

 

プラセンタエキスの強い美白効果は広く知られていて、美容外科では美白の点滴にも主成分として用いているほどです。

 

 

 

美白成分は食事から?化粧品から?サプリから?

 

 

 

美白成分には色々ありますが、結局のところどうやって使うのが一番良いのでしょうか。

 

最も有効と言われているのは点滴で体内に取り入れる方法です。

 

食べ物と違って胃や腸を通さないので、血液中に高濃度の美白成分を入れることができるため肌への効果も高いのです。

 

化粧品とサプリメントでは、併用するのが一番です。

サプリメントなら食事で摂りにくい美白成分を体内に入れることができますし、化粧品で肌の外から肌の奥に向けてアプローチしていくことも有効です。

 

この二つの方法を同時に行うことによって、それぞれの効果を高めることができるのでオススメです。

 

 

 

美白成分リノール酸Sについて

 

 

 

リノール酸Sはリノール酸由来の美白成分で、厚生労働省に「美白に効果のある成分」として認可されている成分です。

 

リノール酸Sの元になる「リノール酸」は食用油などに配合されることが多い成分で、3つの脂肪酸が組み合わさってできています。

これに対してリノール酸Sは遊離リノールという1つの脂肪酸からできています。

脂肪酸の組み合わせは違っても、基本的にはリノール酸Sとリノール酸の性質は同じです。

 

肌の奥に浸透してとどまりやすい形に加工したものリノール酸Sとなります。

リノール酸は体内で作ることができない脂肪酸で、体の成長に欠かせないため必須脂肪酸の一つに数えられています。

 

とはいえ、現代の食生活ではリノール酸が不足することはほとんどないので意識して摂取する必要はないといわれています。

 

リノール酸Sには保湿や抗炎症作用があります。

角質からの水分蒸発を防ぐ働きやメラニンの生成を抑える働きを持っています。

 

 

美白成分t-AMCHA について

 

 

 

t-AMCHAとは、大手化粧品メーカーが開発した美白成分で、読み方は「ティーアムチャ」です。

t-AMCHAは2002年に厚生労働省に「美白に有効な成分」として認められました。

 

美白だけでなく、紫外線や洗剤、乾燥が原因の肌荒れを防ぐ効果もあります。

従来の美白成分の多くは、「メラニンの基になるシロチナーゼの生成を阻害する」ものですが、t-AMCHAはシロチナーゼが生成されるまでの前段階で働く美白成分です。

 

日焼けをすると紫外線によって刺激を受けた肌細胞は、肌を守ろうとメラノサイト(色素細胞)に信号を出します。

この信号が出てからシロチナーゼが生成され始めるのですが、t-AMCHAは「信号」自体をブロックするという働きを持っています。

 

そもそもメラニンには何の信号も送られていない、という「日焼けをしていない」状態を作り出してくれるのがt-AMCHAです。

肌荒れを起こすときにはプラスミンというたんぱく質分解酵素が作られますが、t-AMCHAはこの物質の生成も抑制します。

 

t-AMCHAは乾燥による肌荒れに悩む人にも、シミに悩む人にもオススメの美白成分と言えます。

 

 

 

美白成分ルシノールについて

 

 

 

ルシノールも大手化粧品メーカーが独自に開発した美白成分です。

 

メラニンの生成を抑えてシミを作らせない成分です。

 

ルシノールの元となるのはシベリア産の「モミの木」に含まれている成分で、これを肌に浸透しやすいように加工したのがルシノールです。

メラニンが作られる前にはチロシンという物質とチロシナーゼという物質が合体してメラニンを黒色化させます。

 

ルシノールはチロシンがチロシナーゼと合体する前に、チロシンと先に合体してしまうので、結果的にメラニンが黒色化しないことになります。

 

ルシノールと同じような効果がある美白成分にアルブチンやコウジ酸がありますが、そのどれよりもルシノールは肌に浸透しやすいという特徴を持っています。

 

 

 

美白化粧品に保湿を求めるのは間違い?

 

 

 

美白化粧品では潤いが足りないという声を良く聞きますが、美白化粧品が必ず乾燥に弱いというわけではありません。

 

t-AMCHAなどは保湿にも優れた効果を発揮する美白成分ですし、プラセンタも優れた美白成分ですが高い保湿効果を持っています。

 

美白=乾燥というのは間違った認識ですが、美白成分だけでは潤いが足りなくなることもあります。

そのため、美白化粧品を選ぶ時には必ず保湿成分もしっかり配合したものを選ぶようにしてください。

 

ヒアルロン酸やコラーゲンなどが配合された化粧品なら真冬でも乾燥知らずのしっとりとした感触を手に入れることができるはずです。

 

 

 

4MSK とはどんな美白成分なのか?

 

 

 

美容業界では今活発に新成分の開発が進んでいます。

 

4MSKもその一つで、大手化粧品メーカーが開発して医薬部外品有効成分として厚生労働省の認可を受けた成分です。

4MSKの正式名称は「4-メトキシサリチル酸カリウム塩」といいます。

 

皮膚の角質を柔らかくする医薬品である「サリチル酸」の誘導体で、4MSKが美白作用をもたらすのもこの「角質軟化機能」によるものなのです。

 

各機関での研究によって、シミとは紫外線による弱い炎症であり、炎症から肌を守ろうとしてメラニンが作られることが分かってきました。

炎症部分では角質が厚くなり、できてしまったシミを排出しにくくなることも分かっています。

 

4MSKは軟化機能によって角質が厚くなるのを防ぎ、溜まったメラニンを排出する働きを持っています。

同時にシロチナーゼの生成を阻害するので、シミ予防にも効果があります。

 

メラニンの生成阻害と排出を促すダブルの効果があるという点が他の美白成分とは違う4MSKの大きな特徴といえます。

 

 

 

フェニルエチルレゾルシノールとはどんな美白成分なのか

 

 

 

フェニルエチルレゾルシノールはヨーロッパアカマツという木から抽出された成分です。

高い美白作用に注目が集まっている成分で、厚生労働省の認可はまだですが、これから有効成分として期待が高まっている成分です。

 

フェニルエチルレゾルシノールの持つシロチナーゼの生成阻害効果はコウジ酸よりはるかに高く、高い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種です。

 

フェニルエチルレゾルシノールは効果が高い反面、肌への刺激が少ないことでも知られています。

 

これまでも美白成分として研究が進められてきていたのですが、フェニルエチルレゾルシノールの特徴の一つに、高濃度で不安定になり成分が変わってしまうということがあり、化粧品に配合するのは難しいといわれてきました。

しかし、化粧品メーカーがフェニルエチルレゾルシノールの化粧品への配合に成功し、世界中から注目が集まっています。

 

 

 

フラーレンとはどんな美白成分なのか

 

 

 

1996年は開発者にノーベル賞が送られた注目の美容成分が「フラーレン」です。

 

開発当初は医薬品や工業製品への応用として研究されていましたが、フラーレンに活性酸素の除去やアンチエイジング効果、美白効果があると分かり化粧品への応用も一般的になってきています。

フラーレンはラジカルスポンジという別名を持つほど強力に活性酸素を吸い込む成分で、この特徴が美白に効果があると期待されているのです。

 

紫外線の刺激を受けた肌は細胞を守ろうと活性酸素を大量に出し始めます。

紫外線で出た活性酸素に対して今度はメラノサイト(メラニンの元)が大量に放出され、しみとなって定着してしまうのです。

 

つまり活性酸素が出されたことを肌細胞が感知しなければシミは作られないということです。

 

フラーレンは強力な活性酸素除去力でメラノサイトが生成される前に活性酸素をなかったことにします。

つまり、フラーレンは紫外線ダメージを受けていなかった状態に戻してくれる美白成分なのです。

 

フラーレンが配合された化粧品にはサッカーボールのようなマーク(フラーレンの原子構造)が必ず描かれていますので化粧品を選ぶ時の目安にしてみてください。

 

 

 

生活習慣を整えないと美白成分も無意味に

 

 

 

フラーレンやフェニルエチルレゾルシノールなど、新しい美白成分に注目が集まっていますが、

 

いくら良い成分を肌にのせても日頃の生活習慣が乱れていては美白をかなえることはできません。

 

美白化粧品の効果をしっかりと感じたいのであれば土台作りが大切で、

 

しっかりと睡眠を取ることやバランスの良い食生活を送ること、喫煙をしないことなど生活習慣を整えるほうが先決です。

 

 

 

執筆者:友世

 

 

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<