生活習慣|美白肌の人が無意識にしている生活習慣とは?

美肌になるための生活習慣とは?

簡単にできて、毎日続けやすいマッサージ方法をご紹介!

また、日焼けをしてしまった後に

取るべき方法は?

 

そもそもなぜシミができるのか


肌にシミができてしまう原因はメラニンの沈着であり、肌がくすむのは古い角質層が上手く剥がれていかないことが原因です。

 

メラニンは紫外線によって生成されますが、健康な肌なら肌のターンオーバーによって肌表面に出てきて、古い角質となって剥がれていってしまうものです。

しかし、何らかの原因でターンオーバーが乱れた時、外に出されなかったメラニン色素は肌の奥に定着してしまいます。

これがシミです。

 

肌のターンオーバーが乱れるのにはたくさんの理由があると言われていますが、睡眠不足や暴飲暴食、過度のストレスなど生活習慣の乱れが大きな理由と考えられています。

 

肌の奥に沈着したメラニン色素を壊すのはとても難しいといわれます。

シミを作らないためには、紫外線から徹底して肌を守ることと、生活習慣を正してターンオーバーを正常に保つことが美白のポイントになります。

 

 

 

美白と睡眠の深い関係とは

 

 

 

睡眠も美白に大きく関係してきます。

人は眠っている時に「成長ホルモン」が出されます。

赤ちゃんの時から思春期にかけてその分泌量はとても多く、やがてだんだんと少なくなっていきますが無くなるわけではありません。

 

大人の私たちにも成長ホルモンは大きく関わっていて、肌の生まれ変わりも成長ホルモンの働きによるものです。

成長ホルモンの働きには大きく分けて2つあり、ひとつは「代謝をコントロールする」という働き。

 

もう一つは「細胞や組織の成長を促す」という働きです。

これを肌に置き換えて考えると、睡眠中に成長ホルモンが出てくることで、新陳代謝を上げて古い角質を剥がし(ターンオーバー)、新しい皮膚を作り出すということになります。

 

シミの基が生まれた肌でも、新陳代謝が活発で新しい細胞がどんどん作られている健康的な肌状態ならばすぐに体外に出されていき、シミにはならないということです。

 

きちんと眠れている人の肌がシミひとつなく綺麗なのは、眠っている間の成長ホルモンの分泌がきちんと行われているという証拠なのです。

 

 

 

快眠をしたいならこれを実践

 

 

 

生活習慣の中で、美白に大きく関わる「睡眠」ですが、ただ眠れば良いというものではありません。

 

美白に理想の睡眠時間は、成長ホルモンが最も多く分泌される「午後10時から午前2時の間」です。

この時に深い眠りについている必要があります。

 

寝入ってすぐの浅い眠りの状態では成長ホルモンは分泌されません。

生活習慣を整えたいならまずは睡眠時間を整えることが大切ということです。

 

それでもなかなか眠りにつけないという人は、眠る前に読書をするとか、ヨガをして程よい疲れを作るといった「ルーティーン」を設けて見てはいかがでしょうか。

 

これをすれば眠くなると脳が記憶してしまえば、眠りやすくなっていきます。

また、眠る前にホットミルクを一杯飲むのも交感神経を鎮めるのに効果的です。

 

 

 

睡眠の質を上げるために使えるアイテム

 

 

 

美白のために生活習慣を整える目的で睡眠の質を上げるのに役立つアイテムがあります。

 

最も役に立つ大切なアイテムは「寝具」です。

 

枕や敷布団(ベッドパッドなど)、掛布団は心地の良いものを選びましょう。

朝起きた時に肩が凝っていたり腰が痛かったりするのはきちんと眠れていない証拠です。

 

寝具専門店に行けば体型に合った寝具を選んでもらえますので、眠れていないと感じる人は一度プロに相談してみてください。

きちんと眠れていないということは成長ホルモンの分泌が少なくなっている可能性が高いので、たかが睡眠と侮らず、美白のために寝具を整えていきましょう。

 

生活習慣の乱れはお肌の乱れ、シミの基。

これをしっかり頭に入れて、睡眠から始まる生活習慣について一度しっかりと見直す必要がありそうです。
 

 

美白と毎日の食事の関係について

 


美白と言えば肌に使う化粧品で集中的にケアをするというイメージがありますが、実は体の内側からもケアが必要なのです。

 

なぜ美白に内側からのケアが必要なのかというと、化粧品だけでは届けられない美白成分を内側から届けて、化粧品との相乗効果でさらに美白効果がアップするからです。

 

例えば美白に効果が高いと言われる「ビタミンC」はシミやソバカスをつくる「メラニン」の基となる「シロチナーゼ」という物質の生成を阻害する働きがあります。

ビタミンC配合の化粧品が多いのはメラニンを作らせないという目的があるのですが、ビタミンCは肌の奥に浸透しにくい成分です。

 

そのため、食事で体の内側からもビタミンCを摂ることで、シロチナーゼの生成を阻害する働きを活性化させることができるのです。

ビタミンC以外にも、セラミドやリコピンなど美白に良いと言われる成分を積極的に摂取して美白効果を高めてください。

 

 

 

食事以外の生活習慣は肌にどのような影響をあたえるのか

 

 

 

毎日の食事以外にも美白に大きく関わる生活習慣があります。

その代表が睡眠で、良質な睡眠がしっかりと取れていれば肌の新陳代謝を促してメラニンの排出を助けることが分かっています。

 

適度な運動をする生活習慣も肌の新陳代謝を高めるのには効果的です。

ただし、屋外での運動では日焼け止めを忘れないようにしましょう。

 

喫煙は美白にとって良くない生活習慣です。

タバコの成分はせっかく摂取したビタミンCを壊すことが分かっていますので、美白を目指すのであればタバコはやめましょう。

 

暴飲暴食も胃腸に負担を掛ける悪い生活習慣です。

腸内環境が悪くなれば、毒素が血液に乗って肌に届き、肌の新陳代謝を鈍くするなど悪影響が出ることが分かっているからです。

 

 

 

綺麗な人が無意識にやっている生活習慣

 

 

 

肌が白く綺麗な人が無意識にやっている生活習慣を真似てみましょう。

まず、肌が綺麗な人は夜更かしをしていないことが多いようです。

毎日の生活にもリズムがあり、美白だけでなく体の健康のためにも良い生活リズムを持っています。

睡眠中にしっかりと成長ホルモンが分泌できるので、肌の新陳代謝が活発でシミの基を作りにくい肌になっていることが多いです。
そして、紫外線対策も怠りません。
出掛ける時の日焼け止めはもちろんですが、屋内にいてもカーテンを通して入ってくる紫外線をブロックするために日焼け止めを塗っています。

野菜や果物を積極的に食べて無意識のうちに美白に効果のある食事をしていることも多いです。

スキンケアでは肌をこすって刺激をしないよう、優しくケアをしています。

洗顔では汚れを落としたいために、ついついゴシゴシとこすってしまいがちですが、肌に刺激を与えるとメラニンを発生させることがありますので、ゴシゴシ洗いは禁物です。

 

 

 

もし日焼けしてしまったら何を食べればいい?

 

 

 

ビタミンCの多い食事を意識して集中的に3、4日は食べておきましょう。

 

今日は外出で日焼けをしそうという日には、出掛ける前の食事時にイチゴやアセロラジュースでビタミンCを摂っておくと予防効果もあります。

シミの原因であるメラニンを作るのはシロチナーゼという物質で、ビタミンCはこのシロチナーゼを撃退する力がとても強い栄養素です。

 

日ごろからイチゴやオレンジなどビタミンCを多く含む野菜や果物を積極的に摂取して、うっかり日焼けをしても慌てないような対策をとっておきましょう。

 

他にも肌のターンオーバーを促してくれるビタミンEを含む食品を意識して摂ればさらに安心です。

 

アボカドやいくら、たらこに多く含まれています。
サプリメントでも代用できますので、日焼けをしてしまったらビタミンCとビタミンEの補給を忘れずに行いましょう。

 

 

 

徹底した美白を目指す究極の洗顔方法について

 

 

 

美白を目指すなら洗顔を極めましょう。

スキンケアでとても大切なのは、「肌をこすらない、刺激しないこと」です。

 

韓流女優の肌が陶器のように美しいのは、「絶対に肌をこすらない」ところに秘密があるのだとか。

韓国では洗顔の後、タオルではなくティッシュで押さえて水分を取るスキンケアが当たり前の生活習慣ということです。

 

もちろん、化粧水や美容液を塗る時も肌をこすりませんが、一番肌を無意識にこすってしまいがちなのが洗顔ですから、美白を目指すならまずは洗顔を大切にしてみましょう。

 

具体的には、とにかく「」で洗うこと。

 

片手の手のひらにソフトクリームのように泡を作って泡の中に顔をダイブ!

泡を動かすという意識で顔全体を洗います。

 

あまり長時間泡を肌に乗せている必要はありませんから、一通り洗えたら流します。
この時は水か水に近いぬるま湯で。

 

肌をこすらないように水を顔に当てるように20回ほどすすぎます。

すすぎおわったらタオルの中に顔をダイブ!水分を抑えて取ります。

 

一連の洗顔の流れで肌と手のひらが触れ合うことがほとんどないように気をつけてみましょう。

 

この生活習慣を続けるだけで肌が見違えるように明るくなります。

 

 

 

洗顔料のタイプとそれぞれの特徴

 

 

 

洗顔料には様々なタイプのものがありどれを選ぶか迷ってしまいます。

 

 

固形タイプの洗顔料は、美容成分が入ったものや天然成分で作られたものなど種類が豊富という特徴があります。

泡を作るのに時間がかかりがちなので、洗顔ネットなどを利用してモコモコ泡を作りましょう。

 

 

フォームタイプは手軽に使える洗顔料です。

泡立てる時に使用量が多くならないように注意が必要です。

 

 

スクラブ入りのものは肌に刺激が強いので、使うとしても週に1回程度に抑えてください。

ジェルタイプは泡が立ちやすくさっぱりした洗い上がりが特徴です。

 

洗い上がりがさっぱりするのですすぎ回数を短くしてしまいがちですが、他の洗顔料と同様しっかり流してください。

 

 

泡タイプの洗顔料は泡がそのまま出てくるので忙しい人にはオススメの洗顔料です。

ポンプタイプになりますので、場所を取ることと、種類が少ないことがデメリットです。

 

 

 

肌を刺激しない生活習慣が美白につながる

 

 

 

生活習慣の中で肌を傷つけているシーンはスキンケア以外にもたくさんあります。

 

夜、寝る時の枕カバーやシーツカバーも刺激になることがありますので、肌あたりの柔らかいものを選ぶようにしてください。

ただ、柔らかいと言っても、アクリル繊維のものは肌に刺激を与えやすいので、できれば綿線維のものを選ぶようにしてください。
頬杖をつくという癖も良くない生活習慣です。

肌を触ることを極力避けてください。

 

汗を拭くときも顔に関してはタオルでこするのではなく、優しくティッシュオフが正解です。

油浮きを抑える時も、固い油取り紙を使うのではなく、柔らかいティッシュを使いましょう。

 

 

 

シミができたらどうすればいいのか

 

 

 

シミができてしまったら、美白用の化粧品に変えて体の内側からも美白成分を取り入れて一刻も早くメラニンを消してしまいましょう。

 

出来てすぐのシミならば薄くなる可能性は十分にあります。

 

まずは上記のような生活習慣をしっかり身につけて、ビタミンCなど美白に良いとされている成分を積極的に摂り、肌のターンオーバーを促しましょう。

 

生活習慣の乱れは肌のターンオーバーを乱す原因になりますから、生活習慣を整えることから始めてみませんか。

生活習慣が整うと、肌のターンオーバーが正常になりメラニンを排出しやすい体になります。

 

 

 

マッサージの基本的なやり方

 

 

 

マッサージをすることで、顔の血行を良くすることができます。

 

マッサージで得られる効果は、「ターンオーバーの促進」、「たるみの解消」、「シワの予防」などです。

 

肌のターンオーバーを促すことで、古い角質がはがれやすい状態を作れるため美白にも効果があります。

生活習慣の一つとしてぜひ取り入れてください。

老廃物も流れやすくなるので、クマやクスミの予防にもなります。

 

やり方はとても簡単で、毎日の生活習慣として取り入れるにはお手軽な「20秒マッサージ」から入浴中などに行う「3分マッサージ」などがあります。

 

20秒マッサージでは、あご先からこめかみに向けて手をグーの状態にしてリンパを流します。

5回ほど流した後、そのまま人差し指と中指で目の上と下を優しくなぞり、こめかみの下を通って耳の後ろへ。

これを5回ほど繰り返した後、耳の後ろから鎖骨まで指で5回ほどなぞり完了です。

 

3分マッサージはもう少し一つ一つの行程に時間を掛けます。

あごからこめかみにリンパを流す前に、あごのラインを優しくツボ押しする行為を追加しましょう。

また、目の上と下だけでなく、額も両手の指で優しくなぞってこめかみにリンパを流します。

最後に鎖骨まで流したリンパは鎖骨の中心から外側に向かって流します。

 

 

 

マッサージで得られる美白効果とその他の効果

 

 

 

美白マッサージをする時には乳液やクリームなど、肌と指の間の滑りを良くする化粧品を使いましょう。

特別なマッサージのためにクリームは必要ありません。

 

肌を刺激してしまうと肌細胞が傷付いてシミの基になるメラニンを作る原因になります。

美白マッサージでシミができては意味がありませんから、「肌に優しく」を意識して行いましょう。

 

マッサージを行ってリンパを流すことで、顔に溜まった老廃物を流すことができるので血行が良くなり、肌全体の色を明るくするという美白効果が得られます。

 

また、肌の血行を良くすることでむくみの解消にもつながります。

 

オールインワンジェルなどを使えばスキンケアとマッサージを同時に行うことができます。

美白成分の入ったジェルなら美白成分をしっかりと肌に浸透させることができてさらに効果的です。

 

 

 

マッサージはいつやるのが効果的?

 

 

 

20秒マッサージは洗顔後のスキンケアに生活習慣として取り入れましょう。

 

毎日行うのです。

毎日続けることで、肌がむくみにくい明るい肌を取り戻すことができます。

 

飲み過ぎなどで顔がむくんだり腫れたりしたときも効果的です。

 

3分マッサージはお風呂に入っている時が効果的です。

体全体が温まって血行が良くなっているので、マッサージに使うクリームやジェルの成分が浸透しやすいのです。
生活習慣として取り入れるなら、毎朝の洗顔後と入浴の時に取り入れてください。

 

マッサージを忘れずに生活習慣にしてしまうためには、最低でも2週間は毎日続けましょう。

2週間続けることで、マッサージをしないと落ち着かないという風に、生活習慣としてしっかり身につくはずです。

 

 

 

マッサージが数年後の肌に影響する

 

 

 

マッサージを若い頃から取り入れている人の肌はとても綺麗です。

マッサージで肌の活性を上げることで、たるみやシワの予防になりアンチエイジングの効果も得られるからです。

 

今、マッサージを生活習慣にしていないという人は今日からでもすぐに取り入れてください。

 

20代の方は、「まだまだ必要ない」などと思わずに、毎日蓄積されていく紫外線ダメージをリセットする意味でもマッサージを取り入れてみましょう。

 

40代、50代の人でもこれからまだまだ老化は起こりますから、今日の入浴中にマッサージを始めてみてください。

 

 

執筆者:友世

 

 

 

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<