紫外線対策|日焼け止めの選び方や、クリームだけじゃない日焼け止めの紹介!

日焼け止め」と聞くと、

一般的なクリームタイプの日焼け止めを思い浮かべますが

クリームタイプ以外にも様々な日焼け止めの種類があります。

肌質別や、普段の行動別の日焼け止め方法をご紹介!

 

 

《目次》

紫外線対策には日焼け止めが必須!メラニン色素とSPF/PAの関係

 

 

 

 

春も深まり、夏が近くなってくると日焼け止めの準備も必要になります。

日焼け止めを見てみると、SPA/PFなどの表示があるのがわかります。

 

紫外線にはUVAUVB、そしてUVCの3種類があります。

日焼け止めに含まれるPAは、紫外線の中でもUVAをブロックしてくれます。

UVAは、季節を問わず年間を通して降り注いでいる光で、肌の奥深い所まで届きます。

 

そしてコラーゲンやエラスチンが破壊され、メラニン色素が作られたり、シミやしわの原因にもなるのです。

 

冬だからといって安心せず、メイクの下地などにはPAの含まれた日焼け止めを使い、日ごろから紫外線対策を行うことで、シミを予防することができるでしょう。

 

SPFは、UVBをブロックしてくれる役割を持ち、皮膚の表面に働きかけ、シミやソバカスの原因となります。

ビーチなど、紫外線の強い所に出かける際には、SPFが含まれた日焼け止めでの紫外線対策が必要です。

 

 

 

美白効果のある日焼け止めに含まれる成分を知ろう

 

 

 

 

日焼け止めは、基本的には紫外線をブロックし、シミを予防してくれるものとして知られています。

しかし、この日焼け止めの中には、美白効果まで期待できる商品もあるのです。

 

日焼け止めを使いながら紫外線対策を行い、同時にお肌の美白までできたら一石二鳥です。

 

美白効果のある成分には、アルブチンやエラグ酸、ルシノール、カモミラET、トラネキサム酸、リノール酸S、コウジ酸、プラセンタエキスなどが挙げられます。

 

中でも、プラセンタエキスは、動物の胎盤から抽出されたエキスで、美白効果をはじめ、新陳代謝も促し、お肌の若返りに期待することができます。

 

カモミラETはカモミールから抽出された成分で、メラニン色素を抑制してくれる働きがあるので、シミ対策として日焼け止めを探している人には特におすすめの成分です。

 

こういった、美白効果のある成分が含まれた日焼け止めを使うことで、シミ予防にもさらに高い効果を期待することができます。

紫外線対策をすると同時に、美白効果のある日焼け止めを選べば、シミ知らずの綺麗なお肌を目指すこともできるでしょう。

 

 

 

正しい日焼け止めの選び方を知って美白対策!

 

 

 

 

美白の基礎は、なんといっても紫外線対策が基本になります。

そして、美白対策に欠かすことのできないアイテムが日焼け止めクリームなのです。

 

日焼け止めクリームには、美白成分が含まれている商品もありますが、紫外線対策を考えたら、UVAとUVBをしっかりブロックしてくれる日焼け止めが必要になります。

 

日焼け止めを選ぶ際には、SPAは勿論のこと、季節を問わずに紫外線に含まれるUVAもブロックしてくれるPAのサインのある日焼け止めを選ぶ必要があります。

紫外線をブロックして、お肌を活性酸素から守ることで、シミ知らずの綺麗はお肌を維持することができるのです。

 

日焼け止めクリームには、SPAやPAだけでなく、美白効果のある成分が含まれた商品もあります。

紫外線をブロックすることが美白の基本ですが、日焼け止めクリームを使うことでお肌に栄養を与えたいという人は、ビタミンC誘導体や、プラセンタなどが含まれた日焼け止めもおすすめです。

 

プラセンタは、紫外線対策にはあまり直接関係のある成分ではありませんが、万が一お肌が紫外線にさらされてしまった場合に、お肌の回復を早めてくれます。

 

シミだけでなく、しわが気になるという人にも、プラセンタエキスが配合された日焼け止めクリームがお勧めです。

毎日のメイクの下地に日焼け止めを使えば、メイクをしながら同時に美肌を手に入れることもできるのです。

 

 

 

肌荒れは日焼け止めクリームによくある悩み

 

 

 

 

シミやシワなど、お肌の悩みとトラブルを回避するために日焼け止めを使って紫外線対策をしても、結果美白どころか肌荒れしてしまったなんていう人もいるでしょう。

特にお肌が敏感な人は、日焼け止めに含まれる成分がお肌に刺激を与えてしま肌荒れを起こすのが悩みのひとつになります。

肌荒れを予防しながら美白と紫外線対策をするためには、自分のお肌にあった日焼け止めを選ぶことです。

日焼け止めと肌荒れの関係を理解し、お肌の悩みも解決し美白と紫外線対策を目指しましょう。

 

 

 

気になる日焼け止めによる肌荒れを解決して美白する

 

 

 

 

日焼け止めには、紫外線対策として紫外線吸収剤が使われている日焼け止めと、紫外線散乱剤が使われている日焼け止めがあります。

 

紫外線吸収剤は、ケミカルを基本とした成分で、紫外線散乱剤は、ノンケミカルになります。

 

紫外線吸収剤は、紫外線をブロックするパワーもあることから、SPFの数値が高いのが特徴です。

紫外線散乱剤はノンケミカルなので、お肌への負担は少なく、日焼け止めによる肌荒れの悩みなどは解決してくれるでしょう。

 

しかし、SPFの数値は低くなるので、紫外線対策としては物足りないという悩みが予想されます。

 

ノンケミカルの日焼け止めは、アトピー肌や敏感肌、赤ちゃん用の日焼け止めにも使われています。

メイクの下地として使う場合には、紫外線吸収剤が使われているクリームはお肌が白くなることがあるという悩みもあるので難しく、綺麗なメイクに仕上げるためにはノンケミカルの日焼け止めが紫外線対策にはお勧めです。

 

 

 

日焼け止めは塗りなおす時間帯がポイント

 

 

 

日焼け止めは、朝メイクをする時につけたら一日安心、という訳ではありません。

 

朝日焼け止めをつけても、汗をかいたりして気づかないうちに日焼け止めは落ちています。

10年後のお肌のためにも、日焼け止めを定期的に塗りなおす必要があります。

 

日焼け止めは、一日エアコンの効いたオフィスで過ごしている場合には、お昼に塗りなおすだけで充分ですが、紫外線の強いビーチなど、屋外で過ごしている場合には2時間おきに塗りなおすのが理想です。

 

また、10時から15時の間は特に紫外線が強い時間帯です。

 

この時間帯に外出するという人は、ランチの時だけでなく、外出前に日焼け止めを塗りなおす事で美白を目指すことができます。

 

 

 

日焼け止めの塗り直し メイクを落とさない方法

 

 

 

美白のためにメイクの下地として日焼け止めを使っている人の中には、日焼け止めを塗りなおすのが面倒だという人もいるでしょう。

 

そんな悩みを持つ人に必見の日焼け止め塗り直しテクニックを紹介します。

 

美白のためにメイクの下地として日焼け止めを使っている人は、日焼け止めクリームをクレンジングの代わりとして使うことができます。

アイメークなどの部分は落とさずに残しておき、ファンデーションを付けている部分を中心に日焼け止めを塗りなおします。

手で塗りなおしても、パフを使うのも良いでしょう。

 

そしてその上からファンデーションを塗りなおすことで悩みを解決し、美白効果もばっちりです。

 

 

 

肌荒れ悩み知らずの日焼け止めで紫外線対策はばっちり

 

 

 

肌荒れを予防して紫外線対策をするためには、自分のお肌にあった日焼け止めを選ぶことで、綺麗なお肌を維持することができます。

美白のためには紫外線対策は欠かすことができませんが、敏感肌やアトピー肌の人は、まずはノンケミカルの日焼け止めからトライしてみると良いでしょう。

 

ノンケミカルの日焼け止めにも様々な種類があります。

 

日焼け止めを選ぶ際には、サンプルなどを利用してお肌にあったものを選ぶのも良いでしょう。

まずはどのような日焼け止めがあるのか、調べてみましょう。

 

それでも不安がある人は、敏感肌やアトピー肌の人が使っている日焼け止めの口コミなどをチェックするのも良いでしょう。

 

 

 

知っておきたい日焼け止めの基礎知識 その美白効果とは?

 

 

 

日焼け止めの最大の効果は、お肌のトラブルとなる紫外線をカットしてくれるという美白効果です。

 

そんなことから、日焼け止めは紫外線対策には欠かすことのできないアイテムなのです。

日焼け止めを塗り、紫外線対策を行うとどのような美白効果が得られるのでしょうか。

 

紫外線には、お肌を赤くする光「UVB」と、お肌を黒くする「UVA」の2種類があります。

 

太陽アレルギーなどの反応が出る人は、UVBの影響を強く受けていると考えられます。

 

UVAは、メラニン色素が作られて日焼けをしたり、シミやソバカスの原因にもなります。

 

紫外線の影響はそれだけでなく、お肌を乾燥させます。

紫外線によりお肌が乾燥することで、シワが増えたり、お肌のたるみの原因となることもあるのです。

 

日焼け止めを使い、紫外線対策を行うことで、こういったお肌のトラブルを回避し、美白効果を得ることができます。

いつまでもみずみずしいお肌を保ちたいという人には忘れることのできない日焼け止めですね。

 

 

 

日焼け止めを効果的に使用するための豆知識

 

 

 

日焼け止めの多くには、顔用とからだ用があります。

中には全身用という日焼け止めもあるでしょう。

 

顔用の日焼け止めをからだに塗っても問題はありませんが、美白効果をより高く得るためには、顔用とからだ用の日焼け止めを使い分けるのがお勧めです。

 

顔用の日焼け止めには、プラセンタエキスなど、美白効果の高い成分が含まれていることもあります。

からだ用に比べてパッケージが小さいのも特徴です。

 

日焼け止めを効果的に使用するためには、シーンに合わせてSPFやPAを選ぶ必要があります。

 

場所や時間帯、季節などによっても適切なSPFとPAが異なってきます。

SPAとPAを見分けて日焼け止めを使いこなすことで、お肌への負担も最小限に抑え、美白することができるのです。

 

例えば、室内で過ごすのが基本で、外に出るのは通勤時間のみという人は、それほど紫外線の影響は受けないので、数値の低い日焼け止めでも大丈夫です。

敏感肌でも安心なノンケミカルの日焼け止めでも充分に美白と紫外線対策をすることができるでしょう。

 

外回りや外出の多い人は、紫外線対策が大切です。

数値の強いものを選ぶのも手段のひとつですが、お肌が弱い人は、ノンケミカルの日焼け止めを定期的に塗りなおすという方法もあります。

 

また、秋から春にかけては、紫外線もそれほど強くないので、数値の高い日焼け止めは不要ですが、夏になると日差しも強くなることから、いつも以上に紫外線対策に気を配る必要があります。

 

 

 

紫外線対策は日焼け止めの知識をしっかりもつことで効果を得られる

 

 

 

こうして見てもわかるように、紫外線対策は、日焼け止めが重要であることがわかります。

かといって、やみくもに日焼け止めを買って使えば良いのかというと、そうでもないのです。

 

正しい紫外線対策には、正しい日焼け止めの知識が必要になります。

正しい紫外線対策を行う事で、綺麗なお肌も維持することができるのです。

 

日焼け止めには様々な商品がありますが、大切なのは、お肌に合った日焼け止めを選ぶということです。

 

個人差はありますが、敏感肌の人は、顔にはノンケミカルの日焼け止めを使い、定期的に塗り直し、からだは外出先や季節、時間帯に合わせてSPFやPAの数値を選ぶと良いでしょう。

 

顔は肌荒れを起こしやすくても、からだは数値の高いケミカルの日焼け止めでも大丈夫という人もいます。

ケミカルの日焼け止めは、お肌への負担は考えられますが、しっかりと紫外線をカットしてくれることから、ビーチなどに行く際にはオススメです。

 

 

 

完璧な紫外線対策をするなら飲む日焼け止めで最大の効果を得る

 

 

 

効果的な美白や紫外線対策というと、日焼け止めクリームを想像する人も多くいるでしょう。

しかし、効果的な紫外線対策の日焼け止めは、お肌に直接つけるクリームだけでなく、サプリとして飲む日焼け止めも効果的なのです。

 

紫外線は、春から夏にかけてぐんと強くなることから、美白を目指すためには紫外線対策は無視することができません。

クリームタイプの日焼け止めには、美白効果があっても、お肌に直接つけることから、敏感肌やアトピー肌の人は日焼け止めが原因で肌荒れを起こしてしまうこともあります。

 

そんな中で、飲む日焼け止めなら肌荒れの心配もなく、飲む日焼け止めサプリなら安心して美白して効果的な紫外線対策をすることができるのです。

 

クリームタイプの日焼け止めは、美白のために塗り直しや全身にもつけなおし、時間もかかります。

それに比べて、飲む日焼け止めサプリであれば、飲むだけで美白と紫外線対策をすることができるので、場所を問わずに美白できます。

 

ビーチなど、水に濡れる場合でも、日焼け止めサプリは完全なウォータープルーフです。

汗をかいても、水に濡れても、美白と紫外線対策を維持することができるので、さらに暑くなる夏には必見のアイテムなのです。

 

 

 

知っておきたい日焼け止めサプリの効果と副作用

 

 

 

塗るタイプの日焼け止めは、お肌が紫外線に当たることを避けるために紫外線を吸収したり、拡散させることによりお肌やからだを紫外線から守ります。

それに比べて飲む日焼け止めは、体の内側から紫外線対策を行います。

 

人間の体は、紫外線を浴びることにより活性酸素が発生し、お肌をはじめ、体の様々な組織を傷つけます。

その結果、お肌のバリア機能も低下し、シミやシワ、乾燥などの原因となるのです。

 

日焼け止めサプリには、紫外線により体の中に発生した活性酸素を破壊する効果があります。

活性酸素を破壊することにより、お肌のバリア機能も保たれ、お肌へのダメージを予防してくれます。

活性酸素は、紫外線でなく、日常生活のストレスや環境汚染などによっても発生します。

 

飲む日焼け止めは、紫外線だけでなく、アルツハイマーの予防や喘息の軽減など、活性酸素が原因で起こる症状の軽減にも期待することができます。

 

日焼け止めサプリは、副作用も気になるところですが、「サプリメント」として販売されているものは、植物性などで、薬とは異なります。

 

 

 

紫外線対策をすることで美白効果だけでなく病気の予防もできる

 

 

 

紫外線対策は、シミやシワの原因を最小限に抑えるだけでなく、病気の予防にもつながります。

紫外線を浴びるとシミが気になるところですが、場合によっては紫外線が原因で皮膚がんを起こしてしまうこともあります。

 

また、紫外線を浴びることによりからだの中に発生した活性酸素は、皮膚だけでなく、体の様々な部分に悪い影響を与えます。

日ごろから美白対策と紫外線対策をしっかりと行っている人は、皮膚だけでなく、からだ全体が受ける紫外線の影響や活性酸素も最小限に抑えることができることから、綺麗なお肌を保つと同時に、健康な体も維持することができるのです。

 

お肌は体の鏡とも言われるように、健康状態をそのまま表します。

日焼け止めも最近では数値の高い日焼け止めだけでなく、敏感肌でも安心して使うことができるものや子供用、日焼け止めサプリなど、数多くの種類が販売されています。

 

自分にあった効果的な日焼け止めを選ぶポイントは、飲む日焼け止めなど、自分のお肌と生活スタイルに合った日焼け止めを選ぶということです。

飲む日焼け止めを上手に活用することで、さらなる美白も実現できるでしょう。

 

 

 

日傘でも美白と紫外線対策できる?日傘のメリット

 

 

 

美白と紫外線対策として、日傘を使う人もいるでしょう。

日傘は、紫外線をカットしてくれるだけでなく、ファッションの一部としても楽しむことができます。

その日の服装などに合わせて日傘を選ぶのもまた楽しいものです。

 

日傘は、日焼け止めクリームのように、直接肌につけることなく紫外線からお肌を守り、美白できます。

 

また、日焼け止めクリームでは、頭皮や髪の毛は紫外線から守ることができません。

 

帽子をかぶって頭皮や髪の毛を守る方法もありますが、真夏の暑い日に帽子をかぶって美白するのは難しいものです。

 

そんな中、日傘であれば、太陽の光を遮断することで、体のかなりの範囲を紫外線から守美白することができるのです。

日傘で本当に紫外線をカットして美白することができるのかという疑問をお持ちの人もいるでしょう。

 

実は、紫外線対策は日傘でなくても、雨の日用のポリエステルの傘でも90%の紫外線はカットすることができるのです。

 

しかし、10%は紫外線にさらされているということになるので、太陽アレルギーの人や、紫外線によるお肌のトラブルに悩んでいる人は、紫外線対策加工が施されている日傘を使うのがお勧めです。

 

 

 

日傘には種類がある!種類によって異なる日傘の紫外線対策加工

 

 

 

日焼け止めクリームの種類を見てみると、太陽の光を吸収してお肌への浸透を避けるタイプのものと、太陽の光を拡散させることにより、紫外線からお肌を守るタイプのものがあります。

日傘も同じように、紫外線を吸収するタイプの日傘と、紫外線を拡散させるタイプの日傘があるのです。

 

日傘の中でも、最も紫外線対策として効果があるのは、完全遮光タイプの日傘になります。

 

日傘の中には、「UVカット」の表示がある日傘があります。

UVカットの日傘は、太陽の光を反射させて紫外線をカットするのですが、反射させるタイプの日傘は、反射した光が日傘の下から入り込んでくる可能性もあります。

 

美白のことを考えると、紫外線を反射させるタイプの日傘よりも、紫外線を吸収するタイプの日傘の方が安心ですね。

 

日傘を使って紫外線対策を考えるのであれば、定期的に日傘を買い替えるというのも必要になります。

 

 

 

日傘は色によって紫外線遮断率が変わってくる?紫外線対策にお勧めの日傘の色

 

 

 

まず最初に、日傘を使って完璧な美白と紫外線対策を考えるのであれば色ではなく、どのような加工が施されている日傘なのかといった点に注目して日傘を選ぶ必要があります。

 

しかし、紫外線カットなどの加工が施されている日傘は、金額もそれなりに高くなります。

お手頃な値段で、ある程度の美白と紫外線をカットすることができる日傘を選ぶ場合には、日傘の色に気を付けることで、美白と紫外線対策をより強化することができます。

 

色で日傘を選ぶ場合には、表と裏の色が異なる日傘を選ぶのがお勧めです

 

紫外線と色の関係を見てみると、白い色は、太陽の光を反射します。

そして、黒い色は、紫外線を吸収してくれます。

 

もし可能であれば、表が白で、内側が黒い日傘であれば、光を反射すると共に、反射しきれなかった紫外線を黒い部分が吸収してくれます。

紫外線加工が施されている日傘を選ぶ場合でも、表が白く、裏地が黒系の日傘を選べば、紫外線加工の効力が落ちてきてもより長く使うことができます。

 

一色しか選択肢がない場合には、白い日傘よりも黒い日傘がお勧めです。

 

白い日傘は光を反射してくれますが、反射した光が照り返すことで、紫外線を浴びてしまいます。

 

黒い色であれば、日傘にあたった光は、黒い色が吸収してくれるので、より高い確率で紫外線からお肌を守ることができます。

日傘を使う場合には、予算に合わせて自分に合ったものを選ぶとよいですね。

 

 

 

帽子で美白と紫外線対策!帽子を使うことのメリット

 

 

美白と紫外線対策には、帽子を活用することもできます。

顔や腕、足などは、日焼け止めクリームを塗って美白できますが、紫外線の影響を受けやすい頭皮や髪の毛には日焼け止めクリームを塗ることができません。

 

そんな時に活用できる美白対策が帽子なのです。

帽子は、頭皮や髪の毛を紫外線から守るだけでなく、つばの部分が小さな影を作ってくれることから、顔も紫外線から守ることができます。

 

また、顔には日焼け止めクリームを塗っていても、日差しが強い時間帯にはまぶしいこともありますよね。

そんな時に帽子をかぶっていると、直射日光が目に入るのを避けることができるので、帽子をかぶることによって目も紫外線から守ることができるのです。

 

サングラスを使うと、サングラスをかけていない部分だけ日焼けしてしまうこともありますが、帽子ならそのような心配もありません。

頭皮の日焼けにはなかなか気づかないものですが、秋になってヘアカットに行くと、頭皮が日焼けしていると言われることがあります。

 

髪の毛は日焼けをしてもあまり見た目は変わりませんが、実は髪の毛も紫外線により大きなダメージを受けているのです。

ダメージの少ない髪の毛を維持するためには、帽子をかぶって紫外線から守る必要があるでしょう。

 

 

 

帽子には種類がある!紫外線対策用の帽子選び

 

 

紫外線対策の加工が施されている帽子には、2種類あります。

 

ひとつは、UVカットが施されている帽子で、紫外線が帽子に当たると、紫外線を反射してくれるものです。

もうひとつの種類は、帽子が紫外線を吸収することから、頭皮や髪の毛への影響を避けてくれるものです。

 

帽子の表面にUVカットが施されている帽子は、頭皮や髪の毛を紫外線から守って美白することはできますが、洗濯を繰り返すことにより、帽子の表面に施された加工が薄くなってしまうというデメリットがあります。

UVカットが施されている帽子を使う場合には、洗濯方法に気を付けたり、洗濯の回数を最小限に抑えることで、より長く紫外線対策の効果を維持して美白効果を得ることができます。

 

紫外線を吸収してくれるタイプの帽子は、繊維に直接UVカットをしてくれる繊維を織り込むことから、洗濯をしても紫外線対策の効果が薄れることはありません。

 

子供用やレジャーに使う帽子など、洗濯の回数が多くなりがちな帽子は、こういったタイプの帽子がお勧めです。

 

それ以外には、ポリエステル素材で作られている帽子は、紫外線を90%カットしてくれます。

 

 

 

帽子で美白と紫外線対策!効果のある帽子の正しい選び方

 

 

美白と紫外線対策として帽子を使う場合、UVカットなどが施されている帽子を選ぶことにより、頭皮や髪の毛を紫外線から守って美白効果を得ることもできます。

 

UVカットが施されている帽子であれば、紫外線をカットしてくれるので、どんな色を選んでも、紫外線対策と美白効果を得ることができます。

 

さらに使いやすく、より効果の高い帽子を選ぶ場合には、帽子のつばが7cmから10cmほどあるものを選ぶと良いでしょう。

つばがあまり短いと、まぶしい直射日光から目を守ることができません。

 

また、つばがあまり大きすぎると、優雅ではありますが、視界が遮られてしまい、動きにくさを感じることもあります。

 

真夏に帽子をかぶると、紫外線対策はできますが、暑さにより蒸れてしまうこともあります。

そんな暑さによる蒸れを避けるためには、綿で作られた帽子を選ぶことにより、通気性を良くしてくれます。

 

綿であれば、使わない時には折りたたんでバッグにしまうこともできるので便利ですね。

 

折りたたむことはできませんが、通気性を優先する場合には、麦わら帽子もおすすめです。

ピクニックなど、屋外で過ごす時間が長い場合でも、麦わら帽子なら蒸れにくいので使いやすいでしょう。

 

 

 

フィルムを使った美白と紫外線対策。フィルムの美白効果と使い方

 

 

一日室内で過ごすことが多い人は、室内ではすっぴんで、洗濯やゴミ出しの際に帽子をさっとかぶって美白と紫外線対策をしているという人もいるでしょう。

 

しかし、室内にも紫外線が入り込んでいることを考えると、室内でも昼間すっぴんで過ごすのは美白の大敵です。

 

室内で家事をする時間でも、窓際から入ってくる紫外線対策を行う必要があります。

 

窓際から入り込んでくる紫外線対策としては、室内でも日焼け止めクリームをつけて美白対策を取るという方法もありますが、朝起きてからメイクをするまでの時間はどうしてもすっぴんになってしまいます。

太陽の光を室内に取り入れながらも紫外線対策をするためには、フィルムを使って紫外線をカットしましょう

 

紫外線をカットしてくれるフィルムは、室内から簡単に貼ることができます。

フィルムがあれば、室内はすっぴんでも安心して過ごすことができ美白も維持できますね。

 

フィルムの中には、紫外線をカットしてくれるだけでなく、熱を遮断してくれるタイプの商品もあります。

 

熱を遮断してくれるフィルムは、窓の外側から貼る必要があります。

 

 

 

カーテンを使って窓際の紫外線対策。カーテンの選び方

 

 

室内での紫外線対策をより強化するためには、UVカット加工が施されているカーテンを選ぶことで、室内の紫外線を予防し、美白に繋がります。

また、カーテンは、外の光を遮断するためのものだけでなく、ある程度の光は取り入れたいけれど、まぶしい光はカットしたいということもあるでしょう。

 

そんな時には、白いレースなどのカーテンを使うことで、外から入ってくる紫外線を反射させ、室内に紫外線が入り込むことを防いで美白を維持できるのです。

 

カーテンを閉めて真っ暗にしてしまうのでは、いくら紫外線カットして美白することができても不健康ですよね。

 

白いカーテンであれば、外の明るさは室内に取り入れ、窓際から入り込む紫外線をカットすることができるのです。

白くて薄い生地のカーテンを閉め、窓を開けておくと外からの風も室内に取り込むことができ、真夏の暑い季節も快適に過ごすことができます。

 

白い薄い生地のカーテンと、夜用のカーテンを組み合わせる場合には、白いカーテンを外側に使い、夜用のカーテンを内側に使うようにしましょう。

 

白いカーテンが外側におくことで、常に紫外線を反射させて室内に入り込むのを避けることができます。

 

 

 

いつでもどこでも手軽にできる窓際の紫外線対策にはスプレーがお勧め

 

 

 

自宅での窓際の紫外線対策は、カーテンやフィルムを使って美白と紫外線対策をすることができます。

しかし、職場など、外出先で窓際の紫外線を浴びる場合には、フィルムを持ち歩くことは難しいどころか、勝手にフィルムを張るわけにも行きません。

 

そんな時に便利なのが、UVカットスプレーなのです。

 

スプレーであれば、職場にもって行って、仕事を始める前に窓にひと吹きすることで窓際の紫外線対策をすることができます。

学校での席が窓際の人も、スプレータイプであれば、ひと吹きで紫外線をカットすることができます。

 

UVカットスプレーは、建物の窓だけでなく、車の窓にも活用することができます。

自分の車であれば、ガラスにUV加工を施すこともできますが、レンタカーなどの場合にはそうもいきません。

そんな時でも、UVカットスプレーをひと吹きするだけで、窓際の紫外線対策もばっちりできるのです。

 

UVカットスプレーは、持続期間が30日程度とされているので毎日行う必要はありませんが、油断は大敵です。

毎日ではなくても、定期的にスプレーしておくと安心でしょう。

30日以内でも、スプレーした後に誰かが窓掃除をしている場合には、スプレーの効果がなくなっている場合もあります。

 

 

 

美白効果のある紫外線対策とサングラス。紫外線対策をして目を守ることの大切さ

 

 

 

街中を歩いていると、サングラスをかけて歩いている人を見かけることがありますが、このサングラスは、ただのファッションではなく、美白効果と紫外線対策としての大切な役割も果たしているのです。

 

ビーチなど、太陽がまぶしい場所に行く場合には、サングラスを使う人も多いでしょう。

 

しかし、紫外線は、夏のビーチに限らず、常に降り注ぎ、美白の大敵です。

冬の曇り空の日でも、紫外線は雲を通り越して地上に降り注いでいます。

 

そんな紫外線から目を守ってくれるのがサングラスなのです。

 

 

 

侮ってはいけない紫外線。目から入る紫外線は美肌の大敵!

 

 

美白を考えた紫外線対策というと、ついついお肌にばかり注目してしまいがちですが、実は目にも紫外線は入り込んでいます。

目から紫外線が入り込むと、お肌の日焼けにも繋がる美白の大敵です。

 

つまり、いくら日焼け止めを塗って紫外線対策をしても、目から入り込んだ紫外線により、体の中の活性酸素が発生し、メラニン色素が作られてしまうのです。

 

美白どころか、目が紫外線にさらされることにより、目の老化が進み、白内障などの原因にもなります。

 

綺麗なお肌だけでなく、綺麗で健康な目を維持し、美白するためにも、紫外線から目を守ることも忘れてはいけないのです。

 

 

 

紫外線対策に効果のあるサングラスとその選び方

 

 

美白と紫外線対策として、とりあえずサングラスをかければよいのかというと、そうではありません。

紫外線から目を守るためには、紫外線カットが施されたレンズのサングラスを選ぶ必要があるのです。

 

目印としては、「UVカット」などのマークです。

 

UVカットや紫外線カットなどのサインがついたサングラスであれば、美白と紫外線対策として取り入れることができるでしょう。

 

中には、色がついていない眼鏡でもサングラスと同じように紫外線をカットしてくれるレンズもあります。

色がついているサングラスには抵抗があるという人は、色のついていない紫外線カットが施されている眼鏡を使うことで、大切な目を紫外線から守り、美白を維持することができます。

 

 

 

紫外線対策に効果のあるサングラスと忘れてはいけない注意点

 

 

紫外線から守るためには、紫外線カットが施されているサングラスを使う必要があります。

ここで注意したいのは、色がついていれば紫外線をカットしてくれるという訳ではない、ということです。

色のついたサングラスでも、紫外線カットが施されていないものは、レンズ越しに紫外線が入ってきます。

 

サングラスをかけていない状態では、まぶしい光を見ると、反射的に目をつぶりますが、サングラスをかけていると、まぶしさを軽減してくれることから、紫外線の強い直射日光を直接見てしまうこともあるでしょう。

紫外線カットが施されていないサングラスにはこういった落とし穴があり、紫外線から目を守るどころか、悪影響を与えてしまうこともあるのです。

 

紫外線カットが施されているサングラスというと、値段の高いものをイメージする人も多くいますが、度のついていないものなら比較的安価に購入することができます。

 

紫外線対策としてサングラスを利用する場合には、安いサングラスでも良いので、紫外線カットにこだわるようにしましょう。

 

色のついていない紫外線カットメガネは、外出先ではまぶしいこともありますが、室内で使うと、窓越しから入ってくる紫外線から目を守ることができます。

また、中にはパソコンから出るブルーカットもカットしてくれるものもあるので、オフィスで仕事する人には特におすすめでしょう。

 

 

 

執筆者:さくら

 

 

成分と価格を徹底比較!美白サプリ総合ランキング

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<