基礎知識|ターンオーバーのしくみや、紫外線についてのまとめ

美白肌」とは、ただ白い肌であるという事ではありません。
「美白肌」とはどのような肌の状態なのでしょうか。
肌の基礎知識を学ぶところから、
美白肌になるための方法をご紹介いたします。

 

 

《目次》

日本人が美白を理想の肌とする理由は歴史的な背景があった

 

 

日頃から、日焼けして肌が黒くならないように、美白を意識して日焼け対策を行っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、「なんとなく美白の方が良いから」との理由で、対策を行っている方もいますよね。

 

なぜ日本人が白い肌を手に入れようとするのかというと、それは歴史的な背景があります。

 

昔からよく「色白は七難隠す」と日本では言われてきました。

確かに、色黒さんよりも色白さんの方が、肌に透明感があって、綺麗にみえます。

 

また、古くから農耕民族であった日本では、肌の白い人は高貴な存在でありました。

なぜなら、外でたくさん働かなくて良い証であったからです。

 

また、肌を白くする化粧品は、庶民では買えなかったので、おしろいを塗れる女性もまた、高貴な存在でありました。

江戸時代になると、安い化粧品が売られるようになり、庶民の間でも白い肌を手に入れられるようになりました。

その頃から、おしろいを白く塗りまくるメイク方法から、肌の自然な色白をベースとして、透明感のある白い肌が好まれるようになりました。

 

近年になると、様々な日焼け止めが開発され、日焼け止め効果のある化粧品であるのが主流となり、紫外線を浴びすぎると皮膚がんになる危険性も分かってきたことから、より美白への意識が高まりました。

 

数年前にガングロブームがあったので、そのときに肌をこんがりと焼いた方もいるかもしれませんが、やはり「美白!」とのブームが起こり、ガングロブームは数年で下火となったのです。

 

 

 

日本人が憧れる理想の肌とは?美白のための6つの条件

 

 

一口に「美白」といっても、ただ白いだけでは「美白」とはいえません。「白くて美しい肌である」ことが必要です。それには6つの条件があります。

 

1つ目は、吹き出物や吹き出物の跡がないことです。
吹き出物があると、色白でも汚く見えます。

 

2つ目は、シミやそばかすがないことです。
シミやそばかすがあると、その部分が気になってしまうでしょう。

 

3つ目は、毛穴が目立たず、キメが細かいことです。
毛穴が目立ち、キメが粗いと肌がたるんでみえます。

 

4つ目は、お肌に潤いがあることです。
肌が乾燥していると、お肌にツヤがないので、くすんでみえます。

 

5つ目は、お肌にハリ、弾力があることです。
肌がもちもちしているだけで、ツヤがあるようにみえますし、肌のたるみも防止できます。

 

6つ目は、お肌に透明感があることです。
ただ白いだけでは、病的にみえてしまいますが、透明感があることで、健康的にそして胸がときめくようなお肌にみえます。

 

 

 

美白にする理由は美しさだけでなく、健康にもメイクにも良い

 

 

日本人にとって、肌が白いことは昔からステータスであり、美人の象徴とされてきました。

いまだにその考えは根強く、美白になりたいと努力している女性が多いです。

 

また、現代では、日焼けをしすぎるとシミやそばかすができるだけではなく、皮膚がんのリスクも高くなることから、男性の間でも日焼け対策を行う方も増えてきました。

そのため、男性用のシミ消しクリームも販売されています。

 

日焼けをしないようにすることは、自分を美しくみせるだけではなく、肌の健康を保つために重要なことです。

海外では、日本人の肌の白さに対する意識について、驚かれることもありますが、皮膚がんのリスクが周知されてからは、日本人の色白に対する思いも認められつつあります。

 

また、美白であることは、ダメージを受けていないお肌であることを意味するので、化粧ノリも全然違います。

美白対策を始めた方でよく聞く意見が、「対策を始めてから化粧ノリが良くなった」というものです。

 

対策をとることで、肌トラブルが起きにくい肌質へと改善していけるので、美肌になりたいと思っている方も、色白対策を取り入れると良いでしょう

 

 

 

肌が生まれ変わるターンオーバーは、加齢によって遅れがちに

 

 

肌のターンオーバーは、お肌を健康的にするためにも必要なことです。「ターンオーバーって?」と疑問を持つ方もいるかもしれませんが、肌のターンオーバーとは、肌が生まれ変わる周期のことです。

人間の肌というのは、日々新しいものに生まれ変わっています。

 

20代の方であれば28日周期30代の方であれば約1ヶ月半40代の方であれば約2ヶ月から3ヶ月が肌のターンオーバーといわれています。

理想の肌のターンオーバーは、28日周期といわれているので、如何にこれを維持するかが大切です。

 

肌が新しく生まれ変わるメカニズムは簡単です。
お肌は1つ1つの皮膚細胞で構成されています。

 

この皮膚細胞は、皮下組織でつくられています。
新しい細胞がどんどんできあがると、古い細胞を外側へと押し出していきます。

 

一番古くなった皮膚細胞は、皮膚の表面まで押し上げられ、古い角質としてお肌から剥がれ落ちて排出されていきます。

主に、お風呂に入っている間に肌の古い角質は剥がれ落ちます。

これを繰り返すことによって、お肌は日々新しいものへと生まれ変わっています。

こどもや赤ちゃんの肌がツルツルしてスベスベしているのは、このターンオーバーが早いからです。

新しい細胞がどんどんとできているので、常に健康的なお肌であります。

 

しかし、年齢を重ねてくると、周期が長くなってくるので、古い細胞がお肌にとどまりやすくなり、肌がくすんでみえたり、肌トラブルが起きやすくなったりします。

 

 

 

肌のターンオーバーが正常であれば、美白へと繋がる

 

 

肌のターンオーバーが正常であることは、美白にも関係があります。

なぜなら、美白の定義として、色が白いだけではなく、シミやそばかす、ニキビなどの肌トラブルがないことや、お肌にハリがあること、透明感があることなどがあげられるからです。

 

単純に、肌が白いこともこのターンオーバーが関係しています。

日焼けした肌が白い肌に戻るためには、この生まれ変わりの周期が正常であることが必要だからです。

新しい皮膚細胞が表面に出てきにくい状態だと、日焼けした肌のままの状態が長く続きます。

 

また、シミやそばかす、ニキビなどの肌トラブルを改善するためにも、肌の周期が正常であることが必要です。

なぜなら、シミやそばかす、ニキビができた皮膚組織を外側に押し出すことによって、それらが跡に残らないようにしていけるからです。

 

そうなることで、年齢を重ねるとどうしても出てきてしまうくすみ感を最小限に抑えることができ、美肌でありながら、美白へとなっていくことができます。

 

 

 

ターンオーバーを整えるには保湿とビタミン摂取が大切

 

 

美白を目指したいなら、日頃の生活習慣の中で、肌のターンオーバーを整えることを意識することが大切です。

皮膚細胞の生まれ変わりの周期を整えるのに必要なことが、2つあります。

 

1つ目は、保湿を入念に行うことです。

乾燥していると、周期が乱れがちになります。

 

保湿しているはずなのに乾燥する」という方は、間違った保湿対策をしている可能性が高いです。

高い温度のお湯で洗顔しないことや、化粧水と美容液をつけた後に乳液またはクリームを必ずつけることするだけでも、乾燥を防げるようになります。

 

また、仕事をしている方だと、メイク直しの際にオールインワンジェルを少しつけてから、メイク直しをするのも保湿対策のポイントです。

 

2つ目は、ビタミンを積極的に摂取することです。
ビタミンは、からだの内側から美白を促してくれます。

 

なぜなら、肌のシミなどの原因であるメラニンの生成の抑制をする働きがあるからです。

食事の中でビタミンの豊富な食材を積極的にとり、足りない場合にはサプリで補うのがベストです。

 

 

 

まずは知っておこう!肌の美白に影響する紫外線とは何だろう

 

 

紫外線は、太陽から放出される太陽光線の成分の種類であり、肉眼では見られない不可視光線となっています。

紫外線は、目に見える可視光線よりも波長が短くて、X線よりも長い電磁波なのです。

 

そして、地球の表面に届く全体的な太陽光線の大体6%ほどであるとされています。

紫外線には3つの種類があります。

 

UVA生活紫外線とも言われ、長い波長であり太陽光線のうち大体90%ほどを占めるものです。

波長が長いのでどういった天候でも地表に到達しますが、紫外線の中でも害は少ないです。

 

UVBレジャー紫外線と言います。
10%程度の地表への線量ではありますが、UVAに比べて約1000倍もの有害性があるとされています。

 

UVCはオゾン層に吸収されるので、地表には到達しません

殺菌作用が強いので、UVCを利用して人工的に製造された『殺菌灯』などが、医療現場等で用いられています。

生物に対する影響は特に有害であるとされています。

 

UVAが多く見られる時期は5月頃とされているものの、UVBに比べて天候の影響が少ないため紫外線量はさほど変わりません。

UVBが多く見られるのは、3月から9月にかけての秋頃まで強く降り注ぎます。

 

夏場の7月や8月は特に強くなり、真冬よりも5倍の紫外線量となります。

ただ、天候次第では5月や6月が最も強くなるケースもあります。

 

 

 

紫外線が肌に与える美白面の影響についても知っておくのがカギ

 

 

紫外線のUVCはオゾン層によって吸収されるため地表には届きませんが、オゾン層の破壊が進行していくと、地表にまでUVCが到達する可能性も出てくると考えられます。

そうなると、皮膚がんも増加してしまうとも言われています。

 

年齢を重ねると美白面での悩みの種となってくるシミやしわUVAやUVBといった紫外線が原因となっています。

紫外線は、肌の老化や炎症、そばかすなどにも関係していて、美白の大敵です。

紫外線がどの程度強いのかと言う点や照射量については、地域差や季節差、時間帯の差などもあります。

 

それに、アスファルトなどに反射する光も、『反射光』と言って影響が大きいですし、リゾート地では砂や波でも反射光がある点を覚えておくのも大事です。

 

また、身体の凹凸によっても紫外線の当たり具合が違ってきます。

鼻や頬骨の高くなっている部分、下唇は紫外線を多く浴びてしまうとされています。

 

美白面の影響では、日焼けもあります。

サンタンはUVAにより徐々に日焼けしていき、黒くなるのが特徴です。

肌が痛くなることなどは少ないですが、白い肌でいたい方にとっては大敵ではないでしょうか。

 

サンバーンは、UVBにより肌が途端に焼ける種類です。

肌が赤くなり、痛みを感じたり皮が剥けたりといったこともあります。

 

 

 

美白の大敵!紫外線についてのまとめ

 

 

紫外線は、太陽光線の成分で不可視光線でもあります。

紫外線には種類が3つあり、UVAは太陽光線の90%ほどを占めます。

 

そして、UVBは地表に届く量は少ないですがUVAの1000倍ほどの有害性があるのが特徴です。

UVCは通常オゾン層に吸収されるため、地表に届くことはありません

 

UVAとUVBでは、多く見られる時期にも違いがあります。

なので、あらゆる時期での対策も必要になるのです。

 

紫外線の肌への影響については、UVAやUVBがシミやしわの原因となります。

それに、肌の老化や炎症、そばかすといったものにも関わってきます。

 

紫外線については、肌の美白をしたいなら反射光にも注意が必要です。

 

肌の影響としては、日焼けもあります。

サンタンは肌が黒くなり痛みはありません。

サンバーンの場合は、肌が赤くなり、痛みを伴う可能性がありますし、皮が剥けることもあります。

 

 

 

メラニンとは?肌の古い角質を除去するのが美白への近道

 

 

メラニンは人の皮膚や髪の毛に含まれる色素です。

メラニンには種類があり、黒褐色系のユーメラニン黄赤色系のフェオメラニンの2つとなっています。

黒褐色系のユーメラニンが多いと黒髪系になり、黄赤色系のフェオメラニンが多い方は赤毛系となります。

もしメラニン色素が少ないと金髪になるのです。

 

このメラニンはシミを作り出してしまうものという意識のある方も多いかもしれません。

メラニン色素は、肌の色を決める要素の1つでもあります。

 

それに、メラニン色素は実は私達の身体を紫外線から保護してくれてもいます。

メラニン色素があることで、皮膚の奥に紫外線が入り込んでしまうのを防止できるのです。

それでも、メラニン色素はシミを作ってしまいます

 

もしクリアな美白を目指したいのであれば、古い角質を取り去るのが近道となるでしょう。

美白のためにはメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぐという点も大事になります。

 

メラニンは表皮の奥にあるメラノサイトで作られて、肌の細胞組織と共に上がってきて、角質となり剥がれ落ちます。

この古い角質が剥がれないと、シミなどの原因となるのです。

よって、美白には古い角質の除去が必要なのです。

 

 

 

メラニンを含んだ肌の古い角質をケアする方法

 

 

肌の古い角質は、本来であれば肌のターンオーバーによって自然と除去されるものです。

ですが、年齢を重ねていくとターンオーバーも衰えてきてしまいがちになります。

 

美肌になるには、ターンオーバーを促進するのがカギとなるのです。

それに、肌自身が再生しようとする力を取り戻さなければいけません。

 

そのためには、線維芽細胞を活性化させる必要があります。

それには、血行を良くして線維芽細胞にきっちりと栄養を届ける点や、線維芽細胞が元気になるビタミンCなどを届けること、食事や睡眠、運動面にも気を使い代謝を改善することが大事です。

 

また、毎朝晩の洗顔をしっかりとすると古い角質の除去に繋がりますし、化粧水も浸透しやすくなります。

洗顔を怠らないことで、ターンオーバーも正常化されます。

 

この際には、皮脂の溜まりやすいTゾーンから洗うようにして、優しく洗うようにして、ぬるま湯で10回ほどすすぎましょう

ただ、こうしたケアに関しても継続して行うのはなかなか難しい面があるものです。

毎日するのは面倒に感じてしまう可能性もあるからです。

 

そうした時には、フェイシャルエステの体験を受けるのも手段です。

エステに行くと、非日常的な空間に居られますし、いつもと違う環境で施術を受けられるため、自身も美容に関して前向きになれるのではないでしょうか。

また、効果の実感も期待できるため、費用をかけてもフェイシャルエステを利用して美白を目指してみるのも選択肢です。

 

 

 

美白のために古い角質を取り除くことに関するまとめ

 

 

メラニン色素皮膚や髪の色素です。
黒褐色系のユーメラニンなどの種類があります。
 
メラニン色素は、私達の身体を紫外線から守ってくれています

ただ、メラニン色素はシミの元となってしまうのです。
 
メラノサイトで作られたメラニンが角質になり剥がれ落ちることでターンオーバーが可能となるのですが、古い角質が剥がれないと、シミができる原因となることがあります

美白をしたいのなら、シミなどは大敵となりますので、古い角質は取り除くのがポイントなのです。
 
また、ターンオーバーを促進させるために、血行を良くすることやビタミンCを摂取することなど、線維芽細胞を活性させるのが肌の美白にとっては大事です。

さらに、洗顔をしっかりしてTゾーンから洗うのを心がける点もカギです。

そして、もし自身で時間をかけられないなら、フェイシャルエステに通うという手段もあります。
 
 
 

美白化粧水で肌が乾燥するって本当?

 

 
美白化粧水を使うと肌が乾燥するとも言われてきましたが、実はそういうわけでもありません。
 
乾燥肌の方の中には、シミが気になるという方もいるでしょう。

それは、肌の乾燥により肌の表面に空間ができるので、紫外線が当たりやすくなる点が理由の1つとなります。

よって、乾燥肌の方は美白化粧水を使うのが適しているのです。
 
美白化粧水の多くには、美白成分だけでなく保湿成分および炎症を抑えることができる成分も含まれています。

よって、乾燥などの肌トラブルを防止できる効果もあります。

肌のコンディションを整えて、美白の効果が得やすい肌にしてくれるのです。
 
確かに、化粧水などの美白化粧品は乾燥肌の方にとってはあまり保湿力が期待できない場合もあります。

美白用の化粧水などは、夏の紫外線対策が重要になる季節に使うという方も少なくありません。

よって、汗や皮脂などでベタベタしてしまう季節であっても、使いにくくならないように、サッパリした質感でさほど保湿力が重視されていないものが多いのです。

そうしたことで、美白化粧水で肌が乾燥してしまうと言われることがあります。
 
それでも、現在では年間を通して美白ケアをするという意識が皆に浸透してきています。

乾燥肌は肌のバリア機能がしっかりとしていないために、紫外線の影響も受けやすいです。

よって、シミやくすみができてしまいやすくなるのです。
 
そういったこともあり、美白と保湿のケアが共にできる化粧品も出てきています。
 
 
 

乾燥肌の人におすすめの美白方法とはどんなもの?

 

 
乾燥肌の方の美白対策では、保湿が大事です。

乾燥肌は、肌の保水する機能と皮脂が分泌される量が減少されるために起こります。

肌が乾燥するとバリア機能も弱まるケースもあるので、少しの刺激もダメージとなり得るのです。
 
そこで、保湿成分のセラミドなどを補給してあげるのがポイントになります。
 
加齢とともにセラミドは減少してしまいます。乾燥肌の方であればなおさらです。

よって、保湿のできる化粧品を選ぶのが適しているのです。
 
また、洗顔も重要になってきます。
洗顔は、肌の汚れを落とす点がカギです。

洗顔料が十分に洗い流されていないと、肌トラブルを起こしかねませんし、美白を遠ざけてしまう要因となりかねません。

毛穴に汚れや皮脂が詰まっていたりすると、それが酸化して黒ずみになってしまうことや、古い角質が溜まることで肌がくすんで見えてしまい美白を妨げる原因となる可能性があるのです。
 
それに、きちんと洗顔しないとターンオーバーも乱してしまうでしょう。
 
正しく洗顔するには、適量の洗顔料をしっかりと泡立てて十分な泡を肌にのせます。

そして、くるくると円を描くように優しく洗います。

泡を用いて肌の汚れを浮かせるというイメージで洗顔するのがポイントです。
 
できるだけ、手は肌に触れない点も覚えておくとよいでしょう。
 
 
 

乾燥肌の方のための美白方法まとめ

 

 
美白化粧水を使うと肌が乾燥するという話もありますが、一概にそうとは言い切れません。
 
美白化粧水には美白成分に加えて保湿成分も配合されているため、乾燥肌の方にも適しているのです。
 
ただ、保湿成分は控えめにされているため、乾燥肌の方に効果がないケースもあります。
 
美白化粧水は肌の調子を整えられますし、美肌を目指す方が使用されるのも一案です。

乾燥肌の方が美白をするなら、保湿成分であるセラミドの配合されている化粧品を使用する手段があります。

セラミドは年齢を重ねると減少するものなので、自分から補ってあげる必要があるのです。
 
また洗顔も重要であり、洗顔料をしっかりと泡立てて優しく洗顔するのがポイントです。

洗い流す際もしっかりと行うのが大事です。
 
 
 

肌への摩擦が色素沈着の原因になるから注意!

 

 
美白の大敵である色素沈着の原因としては、肌への摩擦も考えられます。

普段の生活でもありがちかもしれませんが、ファンデーションを塗るなどといった化粧をする際の摩擦や、クレンジングの時洗顔方法でも摩擦は起きているのです。

肌に触れる際には、丁寧かつ優しくケアを行うのが大事です。
 
その他にも、下着による締め付けも摩擦となり得るので、色素沈着に注意しなければいけません。

サイズや素材も良く吟味して下着を選ぶのも1つの手段です。
 
こうした下着等での締め付けは、摩擦黒皮症と言う色素沈着と呼ばれるケースがあります。

摩擦黒皮症の原因は、日常的に皮膚が摩擦されることにより、刺激を受けるとメラニン色素が生成される点が理由となります。

メラニン色素が摩擦の刺激で真皮層の内部に到達し浸透する点が原因とされるのです。
 
メラニン色素が真皮層の内部にまで到達してしまうと、除去するのも難しくなってしまいます

肌に黒の色素沈着が定着し、なかなか治りにくい状態となります。
 
この様な現象は、色白の方というよりも元からメラニン色素が多い方に見受けられます。

美白をしたいなら、こうした面に関しても知っておく必要があります。
 
 
 

肌へ摩擦を与える行動には洗顔方法やクレンジングがある!?

 

 
美白にとって良くない肌への摩擦は、洗顔方法クレンジングといった2つの行動でも起こります。
 
皮脂汚れや化粧等を落とすためには、洗顔やクレンジングはスキンケアとしては必要なものです。

ただ、肌への負担もかかることを知りましょう。
 
皮膚は傷付きやすいですし、わずかな摩擦であっても些細な傷が角質にできます。

そして、肌への刺激が多ければそれだけメラニンが生成されます。
 
洗顔方法では、顔の角質層は薄いので特にソフトに洗うのがポイントではないでしょうか。

鼻や頬は骨が盛り上がっているのが特徴ですが、そういった部分は何気なく強く擦ってしまう可能性があります。

頬などは刺激に関して強く反応するので、洗顔方法では泡をたっぷりと使い優しく洗ってあげるのが美白にとって大事なのです。
 
クレンジングを選ぶ際には、40秒以内で肌になじむものが適しています。

それは、短時間で終えるとそれだけ皮膚への摩擦が抑えられるからです。
 
洗顔やクレンジングには、擦らないことや時間をあまりかけないようにするといった点がポイントになりますが、肌の摩擦によって角質層が剥がれてしまいますし、クレンジングに含まれている界面活性剤が肌に長く触れていると、どんどんとバリア機能が破壊されていってしまいます。

コットンを使ってクレンジングができる製品が売られていますが、そういったものは使用を控えるのが賢明です。

肌は擦られる上に、界面活性剤も多く使われていて、日常的に使っていくと皮膚の薄い目の周りなどは炎症を起こしてしまいかねません。
 
そして、黒ずみを生んでしまう可能性もあるのです。
 
 
 

美白と洗顔方法などでの肌の摩擦に関してのまとめ

 

 
肌の摩擦によっても色素沈着が起きることがあります。

下着等の締め付けによっても色素沈着が起きる場合もあり、これは摩擦黒皮症と言う症状によるものです。

普段から摩擦にさらされることで、刺激によってメラニンが生成されるという現象です。
 
また、肌への摩擦は洗顔方法やクレンジングも原因となります。

洗顔方法やクレンジングの仕方次第では肌への負担にもなります。
 
顔の角質層は薄いために、優しく洗うのが鉄則なのです。

クレンジングは40秒以内で馴染ませられるものを選びましょう。
 
美白のために、皮膚への摩擦を増やさないためです。
 
コットンで拭き取るタイプのクレンジングも、便利ではありますが、なるべく使用しないようにするのが鉄則です。
 
 
 

美白のために気を付けたい!肌に悪い食事とはどんなものか

 

 
ニキビに悪い食事であれば、糖分や脂肪分などが多いファストフードやスナック菓子などが挙げられ、皮脂を多く分泌させるのでニキビを悪化させる原因となり美白の敵となります。

カフェインの作用にはビタミンやミネラルを体外に排出するというのもあるので、皮脂の分泌を促す要因となってしまいます。
 
また、乾燥肌の場合は身体が冷えることで血行が悪くなると、肌の代謝にまで影響がでて、乾燥が加速する恐れもあります。

生野菜および冷たい飲み物は摂取のし過ぎに注意が必要です。
 
それに、飲酒も肌が水分不足となってしまい、却って乾燥させます。
 
そして、シワやたるみは、糖分や脂肪分が肌を酸化させて老化させてしまうので、美白をするなら食事の際には控えるのがポイントです。
 
さらに、加工食品も添加物が多く含まれているため、摂り過ぎにより毛穴が詰まることや、肌の老化に繋がるケースがあるのです。
 
アルコールも、分解のために水分を使用してしまうことから、肌の水分が足りなくなってしまうでしょう。
 
 
 

糖質が美白などで肌に悪影響を及ぼすから注意が必要!

 

 
 
食事で糖質のある炭水化物などを多く食べると、エネルギーとして消費できなかった糖が体内に残り、中性脂肪として蓄積されます。
 
しかし、それだけでなくたんぱく質と結びつくことで『AGEs(終末糖化産物)』という生成物をも作り出します。

AGEs(終末糖化産物)は強力に肌を老化させてしまう物質であり、肌の弾力に必要となるコラーゲンなどと結びつき糖化することにより硬くなるのです。

そうなるとシワができやすくなることや、肌がゴワゴワとしてきてしまうのです。
 
肌が黄色がかってくすんでしまう可能性もあります。

糖化での肌の老化は食生活が原因と考えられています。

若いうちだと老化は先のことであると考えているかもしれません。
 
しかし、若いうちからこそ黄色いくすみに気を付けて、食事で糖質の摂取には注意をするべきなのです。

それに、甘いものや炭水化物が好きだという方もいるかもしれませんが、それらの糖質を多く摂ると、後々から血糖値が高くなってしまい、太ってしまうことに加えて、肌の老化としてシミやしわ、たるみの原因にもなる可能性があります。
 
 
 

質の悪い脂質が肌に与える影響とはどこにある?

 

 
 
脂質には飽和脂肪酸不飽和脂肪酸があります。

その中でもバターやラードなどの飽和脂肪酸は、美白だけでなくダイエットをしている場合などにも控えるのが手段です。
 
これは食事の肉や乳製品など動物性食品に多く含まれる脂質であり、常温では固体となっていて、溶ける温度が高いのが特徴です。

動物性の脂質は、常温の場合固まっています。
 
固まった脂は血管壁などにこびりつき、いずれ動脈硬化などに変わります。

体内でも固くなり、中性脂肪や悪玉コレステロールを増やしてしまうでしょう。
 
柔らかくなくなった血管は血流も悪くなり血液がドロドロになるうえに、栄養素もお肌にしっかりと行き渡らなくなってしまいます。

そうなると、必然的に肌にもきちんと栄養が届かなくなり、影響が出ると考えらえるのです。
 
摂取し過ぎると、肥満や動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞などを起こしかねません。

反対に不飽和脂肪酸は良い脂肪酸であるとされています。
 
ただ、不飽和脂肪酸の中にも多価不飽和脂肪酸と単価不飽和脂肪酸があります。

多価不飽和脂肪酸にはマーガリンやビスケットなどに使われるトランス脂肪酸があります。
 
これは健康などに良くないとされていて、肌にも影響し美白の敵となります。

例えば、肌細胞を酸化させることや、肌が老化することなどが挙げられます。
 
 
 
執筆者:知世
 
 

▼美白が気になる方へ!おススメサプリを選びたいなら♪▼>>美白サプリ詳細情報はこちらから確認できます!<<