美白の基礎知識と美白になる方法

 

シミを放置するとどうなる?そして女性が目指す美白肌とは?

肌にシミやそばかす、黒ずみなどが目立つとどうしても肌がきれいではない印象を与えてしまい、見た目にも良くありませんし年齢よりも老けて見えるなどデメリットがあります。

また、シミは長年放置すると、徐々にイボのようブツブツになり老人性イボに発展したり、皮膚がかさついたり、魚のうろこのような形状になる日光角化症という皮膚がんにもなるリスクのある病変が起こることもあります。

そうならないためにも、シミやそばかすを予防したり、既存のシミを改善して美白肌を目指したいという女性が多いと言えます。

また、女性が理想とする肌というと、やはり一番がシミやくすみのない白くて透明感のある明るい肌ですが、他にもキメが整っていて細かくすべすべしている肌ハリや弾力に富んでいて瑞々しさやツヤのある肌などが挙げられます。

肌のターンオーバーの乱れは美白を妨げる

肌の表面の表皮の一番底である基底層で日々新しい肌細胞が生成されて押し上げられ、一番上の角質層まで到達して、古い角質は剥がれ落ちるサイクルが肌のターンオーバーです。

肌のターンオーバーは、サイクルがある程度決まっています。

しかし、ストレス間違ったスキンケア紫外線の浴びすぎなどが原因でサイクルが乱れてしまうことがあります。

ターンオーバーが遅れると古い角質はなかなか剥がれ落ちず、肌表面にとどまった状態が続くので、肌がくすんだりキメが乱れて透明感が失われ、更に基底層で生成されたメラニン色素が剥がれ落ちずに肌に沈着してしまい、美白肌の妨げになってしまうのです。

睡眠や食事、洗顔方法など生活習慣の改善も美白を目指す方法の一つ

美白肌を目指す方法として、生活習慣の改善も大きなポイントとなります。

睡眠不足は肌荒れの原因にもなり、特に肌細胞を活性化させる成長ホルモンの分泌は午後10時から午前2時までの間に最も盛んに分泌されるので、この時間帯はしっかり眠ることが大事です。

更に、毛穴の詰まりは肌のターンオーバーを遅らせたり、黒ずみやくすみの原因にもなります。

低刺激の洗顔料をしっかり泡立て、肌をこすらないように指の腹でマッサージしながら洗い、しっかりぬるま湯で洗い流すといった、肌に優しく毛穴の汚れがきちんと落とせる洗顔方法を実践するようにしましょう。

また、食生活の見直しも美白肌を目指す方法として外せないところです。

ビタミンミネラルの多い野菜や海藻を食事に積極的に取り入れましょう。

特にメラニンを還元する作用のあるビタミンCを多く含むオレンジやキウイ、トマトなど、メラニン生成を抑える作用のあるアスタキサンチンを多く含むサーモンやカニなどの食品も意識して食べましょう。

 

老けてみえるシワの悩み!美白肌を手に入れるためのシワ対策とは?

加齢と共に女性の肌の悩みとなるのが、口周りや目元にできる小ジワやほうれい線などのシワです。

シワは、老化によるコラーゲンやエラスチンの減少や顔の筋力の筋力の低下によるたるみ、ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れ、紫外線に長期間晒されることにより肌の保湿力が低下し、肌が常に乾燥した状態が続くことが原因です。

目元にできる小ジワは表皮の一番外側の層にできますが、進行すると一般的なシワと同様に表皮の奥のコラーゲンがある真皮に深く刻まれるのが悩みです。

シワや小ジワを防いで、美白肌になるには肌が乾燥しないように保湿力を高め、加齢と共に減少するコラーゲンなどの保湿成分を補い、顔の筋力アップを目指したり規則正しい、体と肌に優しい生活を送ることが大事です。

 

一度できたらなかなか消えないシミの悩み!シミ予防は美白への近道

シミも美白を妨げる肌の悩みの一つであり、紫外線を長期間浴び続けたことで、肌細胞にメラニンが生成されて色素が沈着したことによりできます。

シミを防いで美白肌を目指すには、日頃から紫外線対策と保湿ケアを行うことが大事です。

日差しが弱い日でも紫外線が放射されているので、外出前は日焼け止めを必ずつけて、日傘や帽子などでしっかり対策しましょう。

また、美白成分入りの美白化粧品を使い、毛穴汚れをすっきり落として肌をしっかり保湿する正しい洗顔法を実践していくのも美白肌への近道となるので、日常生活で意識してやってみましょう。

 

肌の悩みの一つそばかすをしっかり対策して美白肌になるには?

そばかすはシミとは少し異なり、多くは遺伝が原因だと言われています。

斑点もシミよりはかなり小さく鼻の周りに出やすく、紫外線を長期間浴びることで色が濃くなり、目立ってくるのが悩みとなります。

逆に加齢と共に薄くなるケースもあります。

ただ、そばかすの進行を防いで美白肌を目指すには、シミと同様に紫外線を浴びないようにする対策が重要になります。

更にビタミンCにはメラニンの色素沈着を防ぐ作用があり、ビタミンEには肌の新陳代謝を活発にし、ターンオーバーによってメラニンを外に排出させる作用があります。

また、ビタミンAには肌の老化を予防する作用があるので、こういった肌に良いビタミン類を多く含んだ食品を食事に取り入れることもそばかす対策に繋がります。

そして肌に刺激を与えないように、洗顔や顔のマッサージなども擦らないように優しく行うよう心がけましょう。

 

紫外線と乾燥を防いで美白肌になるためのポイント

肌細胞が紫外線を取り込むと、シミの元となるメラニン色素を生成して肌に沈着させ、シミへと変化していくため、紫外線は美白の大敵となります。

また紫外線だけではなく肌が乾燥すると、肌細胞間が水分不足に陥りスカスカの状態になるため、規則正しく並んでいた肌細胞の列が乱れ、キメが荒くなってしまいます。

そうなると、肌に当たる光に影の部分が生じて、肌をくすませる原因となるので、乾燥も美白の大敵なのです。

乾燥を防ぎ、紫外線に当たらないようにするためには日々のスキンケアが大切です。

洗顔後はすぐに化粧水などがしっかり保湿したり、紫外線を予防するために日焼け止めを塗ったり、UVカットの日傘や帽子、パーカーなどの羽織もので肌をカバーするといった紫外線対策が必要になります。

 

紫外線対策をしっかり行い、シミを予防するには?

紫外線は美白の大敵で、シミの原因となるメラニン色素の生成を促します、この紫外線対策をしっかり行うことも美白肌を作る方法の一つとなります。

まず、紫外線の強い夏は特に念入りに、弱い冬でも忘れずに外出前は日焼け止めを塗りましょう。

日焼け止めは、効果の高いものもありますが、肌への負担を考えて自分の肌質に合ったものを選ぶようにしましょう。

外出時はUVカットの帽子を被ったり、カーディガンなどを羽織ったり、特に車を運転する際は紫外線が腕などに直撃するので腕カバーも効果的です。

また、日傘をさして、できるだけ日陰を選んで歩きましょう。

日焼け止めをうまく活用すれば美白肌を目指せる

日焼け止めには、メラニン生成を促す紫外線を肌の表面で跳ね返す紫外線散乱剤や、肌で紫外線を吸収し、別の化学物質に変化させて外に排出する紫外線吸収剤が含まれています。

シミを作り出すメラニンの生成そのものを抑えてくれるので、シミ予防に高い効果を発揮してくれるというメリットがあります。

更に、日焼け止めは紫外線ケア効果の高さによって種類が分けられており、外出時間や目的などによって肌に負担のないものを使い分けできます。

また、紫外線は刺激が強く、敏感肌の人だと肌トラブルが心配になりますが、様々な種類の日焼け止めから自分の肌質に合った物を選んで使えば、肌荒れしにくいといったメリットもあります。

化粧水のように美白成分だけではなく肌を潤す保湿成分なども含まれているタイプなら、紫外線でかさつきがちな肌をしっとりさせる効果があるのもメリットです。

更にシミ改善にも効果を発揮する美白成分が含まれているタイプなら、できてしまったシミにも効果的だと言えます。

 

知っておこう!厚生労働省認可の美白11成分とは?

まず1つ目が、シミの元となるメラニン色素の生成を抑える作用があるアルブチンです。
既に作られたシミを薄くするのに効果的だとされています。2つ目のエラグ酸は、メラニン色素の生成を促すチロナーゼという酵素の働きを抑制する作用があります。

チロナーゼ
は表皮の基底層にあるメラノサイトという色素細胞がもつ酵素であり、生成されたばかりのメラニンに作用し、黒色メラニンに変化させる働きがあります。3つ目のカモミラETという美白成分は、キク科の植物であるカモミールの花から抽出した成分で、肌の炎症を鎮める作用もあります。
シミの予防のみならず、できてしまったシミを薄くするのにも効果的です。

そして4つ目のコウジ酸は、エラグ酸同様にチロナーゼの働きを抑制する美白成分です。アミノ酸の一種である5つ目のトラネキサム酸もシミに有効的な美白成分です。

肌は紫外線を浴びるとメラノサイトの周辺細胞から、シミを発生させる物質プロスタグランジンを分泌するように情報が送られます。

トラネキサム酸はこのシミ発生物質の分泌を抑えることにより、結果的にメラニンを抑制する働きをしてくれるのです。

6つ目のビタミンC誘導体は、肌細胞を老化させる活性酵素を抑えたり、酸化を防止する作用があり、シミの原因であるメラニン色素の沈着を防ぐ効果が期待できる美白成分です。

7つ目のプラセンタエキスはチロナーゼの働きを抑えたり、色素が沈着した角質を剥がすためにターンオーバーを促します。

肌への浸透力に優れ、メラニン色素の沈着を防ぐ8つ目のルシノール、メラニンが生成される表皮に成分が留まるように改善させ、シミの生成を防ぐ9つ目のリノール酸も美白成分の一つです。

他にも、プロスタグランジンの分泌を阻害する資生堂が開発した10つ目のt-AMCHAや、同じく資生堂が開発したサリチル酸の誘導体であり、チロナーゼの働きを抑える11つ目の4MSKも有効的な美白成分の一つです。

今後の美白肌対策に役立ちそうな注目の美白成分とは?

最近では、イチゴなどにも含まれ、肌の漂白剤とも呼ばれるハイドロキノンという美白成分も注目されています。

ハイドロキノンはメラニンの生成を促すチロナーゼ酵素の作用やメラニン色素を作るメラノサイトという色素細胞を阻害する作用があると言われています。

更に、ビタミンA誘導体のレチノイン酸は、ニキビの治療薬としても有名ですが、メラニン色素を排除しシミの生成を予防する働きがあり、美白成分としても知られるようになりました。

自分の肌に合った美白化粧品を使って、美白肌を目指そう!

美白肌になる方法としては、美白に特化した美白化粧品を使いましょう。

美白化粧品には、美白化粧水や美容液、クリームやファンデーションなど色々なアイテムがあります。

メラニン生成を促すチロナーゼという酵素の働きを阻害するエラグ酸、アルブチンなどが含まれています。

更に既に沈着したメラニンを漂白し、肌を徐々に白くする作用が期待できるハイドロキノン、肌の奥に溜まったメラニン色素を新しい細胞を作り出すことで表皮に押し上げて古い角質として剥がし肌のターンオーバーを正常化させるプラセンタエキスなど、様々な美白成分が使われています。

含まれる美肌成分も美白化粧品の種類やメーカーなどによって異なるので、自分の肌に合うものを選ぶことが大事です。

美白化粧水を使用して、美白肌を目指すメリットとは?

美白化粧水は、主にシミやそばかすの原因となるメラニンの生成を抑える作用のある美白成分が含まれています。

美白化粧水はシミやそばかすの予防だけではなく、既にできてしまったシミやそばかすを薄くして、肌を元の白い美肌に蘇らせる効果も期待できると言えるでしょう。

更に美白化粧水には、美白成分のみならず肌をしっとり潤す保湿成分や、火照ったり炎症をおこした肌を鎮める成分も含まれています。

そういった美白化粧水の成分が肌の奥底で新しい肌細胞を作り出し、押し上げて肌表面の古い角質を剥がす肌のターンオーバーを正常化し、肌を健康な状態に保つことで美白成分の効果をより発揮しやすい肌状態を作り出してくれるといったメリットもあります。

美白美容液がスキンケアにとても役立つ理由とは?

美白に特化した美容液には、化粧水よりも美白に効果的な成分がしっかり肌に浸透するという目的で作られているので、表皮の基底層にある色素細胞、メラノサイトにまでしっかり美白成分がしっかり浸透するというメリットがあります。

美白成分がピンポイントでシミの原因となるメラニン色素の生成を促すチロナーゼという酵素の働きを阻害したり、シミの発生を促す情報伝達物質の分泌を抑えるなど、ダイレクトにシミやそばかすなどの生成を阻害してくれるので、シミ予防だけでなくできてしまったシミを改善するのにも高い効果を発揮するというのもメリットの一つだと言えます。

内面から美白成分を取り込める美白サプリの魅力とは?

美白成分を含んだサプリメントを摂取することは、スキンケアにおける肌の負担を減らすというメリットがあります。

肌の外側から美容液など色々な美白化粧品を使ってケアしていくと、肌に合わない成分などがあれば肌が荒れる可能性もあります。

しかし、内面からも美白ケアを行うことで、外側からのケアも最小限に留めることができます。

更に、美白サプリが体の内側から作用することで、美白化粧品の浸透率を高める効果も期待できるというメリットもあると言えるでしょう。

また、美白成分が含まれる食べ物などを食事に取り入れることでも、内側から美白作用を促すことは可能ですが、食事だけでは美白有効成分を十分賄うことは難しい人もいます。

そんな時、美白サプリを摂取することで、食事ではなかなか補えない美白成分を効率よく体内に取り込むことができるというのもメリットです。

美白サプリってどんな成分が含まれているの?

美白サプリに含まれる成分は種類によって多少異なりますが、主な美白成分を紹介します。

まず古い角質を剥がして、肌の奥で生まれた新しい肌細胞を押し上げるターンオーバーを促したり、メラニン生成を促すチロナーゼの働きを抑えるプラセンタエキスや、メラニン色素が肌に沈着するのを防ぐビタミンC誘導体などがあります。

また最近注目の肌を白くする美白成分ハイドロキノンなどもあげられます。

シミやそばかすの生成を予防する成分として、チロナーゼの働きを阻害するエラグ酸アルブチンコウジ酸などもよく含まれています。

更に、メラニン生成の情報伝達物質、プラスミンの分泌を阻害するトラネキサム酸も美白サプリによく使われています。

美白サプリは飲み続ければ肌に効果が現れるの?

美白サプリは摂取し始めればすぐに肌が白くなる効果があるかというとそうではなく、即効性はないので気長に継続させることが大事です。

美白サプリの主な効果というと、飲み続けるうちにできてしまっていたシミやそばかすが次第に薄くなったり、ターンオーバーが正常化して肌の奥に沈着していたメラニンが肌表面に押し上げられて、古い角質として剥がれ落ちていくと、肌色が少しずつ明るくなったり、透明感が出てくるといった効果が期待できます。

ただ、美白サプリは誰でも同じような効果が得られるかというと、効果の出方や感じ方にも個人差があります。

人によってはある程度続けないと効果が感じられないこともあるので、その辺りをしっかり理解しておくことが大事です。

執筆者:知世

 

  • おすすめ美容液ご紹介!

    一概に美容液と言っても たくさん種類があって迷ってしまいますよね。 人気の美容液を、それぞれの特徴や口コミと一緒に ご紹介します! 《目次》1 今人気の高いソフィーナの美白美容液の成分と特徴は?1.1 実際に使っている人 […]

  • 美容液による美白

    「美容液」による美白方法があります。 美白におすすめな成分や、 どのような肌に美白美容液が合うのか ご紹介していきます。 《目次》1 韓国の美白美容液の商品の紹介や特徴について見てみよう1.1 韓国の美白美容液の口コミに […]

  • 美白サプリメント

    美白サプリメントは効果があるの? 副作用や飲むタイミングは? どのような効果が見込めるか、効果的な飲み方など 美白サプリ「ロスミンローヤル」の紹介と共に学んでいきましょう。 《目次》1 ロスミンローヤルの特徴は美白だけで […]